2007年08月02日

パトがミランへ1月加入

 ブラジルのインテル・ナシオナルで世界クラブ選手権で優勝したアレッシャンドレ・パトがイタリアのACミランに1月に加入することで合意。

 レアル・マドリー、インテルなどとの競争にミランが勝利した形になる。パトはまだ17歳でミランに加入する1月には18歳になってるらしいけど、若いことには変わりないし才能があるのも世界クラブ選手権を見た人はみんな分かってるんじゃないかな。

 それにしてもミランはブラジル選手獲得に強いね。カカはパトほど、ミランへ移籍したときは有名ではなく活躍しだしたときには安いお買い得な買い物をしたという印象で周りからは捉えられていた。

 結局カカはいまや世界一のプレーヤーをロナウジーニョと争うまでになったんだからすごいよね。さらにすごいのはそういう才能を見つけクラブへちゃんと加入させるミラン。

 パトはまだ若すぎるくらいなので、いきなりミランで活躍できるかはちょっと不透明。ミランとしてはカカくらいまで活躍してくれたらと思ってるだろうけど。そうなるとカカはレアルに行くのかな?
posted by pon at 00:00| Comment(3) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

サンタクルス、エルゲラが移籍

 アジアカップを見ていたので、欧州の移籍情報にうとくなってしまった。移籍情報をまとめたものをアップしたいと思ってるんだけど、時間があるかなぁ。

 とりあえず、ひさびさアンテナでひろったのはレアルのエルゲラがバレンシアへ移籍したのと、バイエルンのサンタクルスがブラックバーンへ移籍したこと。

 あと、レイェスがレンタル先のレアルではなく同じ本拠地のライバルであるアトレティコへ移籍が決まったこと。

 エルゲラは個人的に好きだったんだけど、ちょっと最近は元気がないなという感じだったので移籍したことは良い刺激になるんじゃないかな。アジャラの後を任せられることも決まっているのでレギュラーはほぼ間違いないしメンタル的にも安定しそう。

 サンタクルスは10代の頃にパラグアイからバイエルンへやってきた選手なので、バイエルンで過ごした時間はかなり長い。今季はバイエルンがかなりの補強をしたので誰かは放出されるだろうと思っていて、マカーイがフェイエノールトへ移籍したからサンタクルスはないかなと思ってたんだけど。バイエルンでずっとレギュラーを取れなかったからこれもまた良い再出発になるといいね。

 レイェスがアトレティコへ移籍したのはびっくり。マドリッド・ダービーでブーイングくらうの間違いなしって感じだね。そんなにアーセナルになじめなかったんだ。プレミアに順応しているスペイン人選手もいるんだけど、根本的には曇り空ばかりのイングランドはスペインの人にはなじめないのかな。
posted by pon at 12:43| Comment(1) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

バルサのジュリーがローマへ移籍

 バルセロナのジュリーがローマへ移籍決定。これでバルサはロナウジーニョ、エトー、メッシ、アンリの4人で来季は前線を構成することになるだろう。4人ならターンオーバー的に先発メンバーを変えたり、怪我や調子によって組合せを変えることができる。

 エトーはアフリカ・ネーションズカップで離脱することがほぼ決まってるので当面はロナウジーニョ、アンリ、メッシがスタメンになるのかな。そのほかのバックアップメンバーって誰かいるのかな?さすがに3枠あるところを4人で1シーズン回すのはしんどいと思うけど。

 サビオラも移籍したし、今回はジュリー。グジョンセンがどうなるのか分からないけど、ちょっと前だと移籍するだろうって話だった。これからどうなるか興味あるな。
posted by pon at 12:42| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

A・マドリーのF・トーレスがリバプールへ

 スペイン代表でA・マドリーに所属するF・トーレスがイングランドのリバプールへ移籍することが決定(?)

 これが本当ならリバプールにとってはかなりの大型補強で、スペイン化がより進むことになる。

 クラウチの相棒としては良い選択だとは思う。F・トーレスは高さもあるけど、スピードがある選手。それに若いから先も計算できる。まぁ、ずっとリバプールにいるとは思わないけど。

 今季のリバプールも楽しみなのは間違いないかな。
posted by pon at 12:31| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

マカーイがフェイエノールトへ移籍

 バイエルンのマカーイがクローセ、トニらに押し出される格好で母国のフェイエノールトに移籍が決定。

 フェイエノールトは今季はかなり補強に積極的に動いているみたい。マカーイの他にもすでに3人くらいは補強してるようだし。

 昨季はワールドカップ前ということもあって移籍自体が例年に比べて少なかった気もする(実際はどうか分からないけど)。その反動か分からないけど、今季は結構どのチームも動いてるね。

 A・マドリーもかなり積極的。リケルメが移籍するかもしれないらしいし、俊輔にも目をつけてる。そのほかにもリバプールのルイス・ガルシアにオファーを出した模様。

 あとはやっぱりカペッロのレアル監督の辞任(解任)かな。優勝して解任されるのってきついだろうね。
posted by pon at 12:38| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

俊輔に4クラブからオファー?を断る?

 俊輔に4クラブ(トットナム、A・マドリー、不明2チーム)からオファーがあったらしいけどどうやら断ったらしい。

 今はアジアカップに向けての準備に集中しているだろうから俊輔自身も移籍は考えてなさそう。仮に移籍したとしてアジアカップを戦ってから新しいチームに合流すると準備期間が無さ過ぎるのでマイナス。セルティックなら多少合流が遅れても2年間在籍しているクラブなのでその遅れも取り戻せるだろうし。

 個人的には俊輔が移籍するなら来年かなって気がする。Jリーグの可能性もあるかもね。
posted by pon at 12:33| Comment(2) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

クローゼのバイエルン移籍決定

 ブレーメン所属のクローゼが同じドイツのバイエルンに移籍することが決定。前から噂があったことだけど、来季くらいになると思っていたので意外だった。

 バイエルンは今季チャンピオンズリーグ出場権を逃したので建て直しに必死だね。リベリーやトニもすでに獲得しているし、大型補強が続いている。けど、昨季のバイエルンは若手を結構起用していた印象があるんだけど、方向転換かな?

 なんにしても大型補強をしたから必ず成功するわけでは無いと思うんだけど。あんまり何人も大型補強するとチームのベース自体が滅茶苦茶になる可能性も高くなってシーズンの序盤を捨てる事態にもなりかねない。そこんところはチームにフィットするような人選をクラブなりにはしているんだろうけどね。
posted by pon at 12:32| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

アンリのバルサ移籍が決定

 アーセナルのアンリがバルセロナに移籍することがほぼ決定。バルセロナはモナコからトゥーレも獲得することが濃厚。このトゥーレはアーセナルに所属するトゥーレの弟らしい。

 バルサにアンリが移籍することが決定した今、気になるのはエトー。エトー本人は残留を宣言していたけどバルサとしては放出したいのではないかと思う。サビオラは退団、グジョンセンもおそらく移籍するだろうからフォワードのバックアップがいなくなる可能性が高いのでエトーも確保しておきたい気持ちもあるだろうけど、それじゃあエトーは納得しないだろうしね。

 エトーを3トップの真ん中においてアンリを左ウイングにするということも考えられるけど、左ウイングはいまロナウジーニョが務めてるので可能性は低いかな。守備をしないロナウジーニョが3枚しかいないバルサの中盤に下がることはまず無いと思うし。

 このままエトーを放出しない場合はフォーメーションを4−4−2に変更することも考えられるかな。メッシをどうするかっていう問題が出てきてしまうけど。先発メンバーによって4−3−3との併用かな。エトーはアフリカネーションズカップがあってしばらくクラブを離れるのでその間は上手くいくだろうけど。

 あくまでアンリがすぐバルセロナに順応するという前提のお話しですが。
posted by pon at 12:37| Comment(2) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

巻がスタメン落ち?

 今日キリンカップの初戦を迎える日本代表のスタメンで今まで先発していた巻がスタメン落ちの可能性が高いらしい。変わりに新潟の矢野が先発することになりそう。

 巻もそうだけど、ジェフ自体が今年は調子が悪いのである程度仕方が無いことかもしれないし、そんなに大げさに考える必要もないかな。巻の場合はいかに前線で汚れ役になれるかのところが大きいので計算しやすいし、決してサボらないことも分かってる。他の選手も十分どういう選手かみんな理解してるだろうしね。

 俊輔は欠場がほぼ決まりだろうけど、中田と稲本はどうなるのかな?合流したてでまだ時差ボケや疲労はかなりたまってる状態だと思うし。高原は出場は決定的。

 今日の試合よりも次のコロンビア戦のほうが面子もそろっておもしろいかも。
posted by pon at 12:41| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

トニがバイエルン移籍

 イタリア代表でフィオレンティーナに所属していたトニがドイツのバイエルンに移籍することが決定。

 前から噂になっていたことなので驚きは無いかな。バイエルンはヨーロッパのトップレベルのチームではあるけど、チャンピオンズリーグのベスト4やベスト8によく勝ち上がってくるチームの中では戦力的には低い印象。特にフォワードの層は薄い気がしていた。マカーイくらいしか計算できる選手はいないと思うし、ポドルスキーはまだまだこれから。ピサロとかも出場機会が少なく存在感が無い。ピサロやサンタクルスは結局移籍したんだっけ?その辺よく知らないんだけど・・・。

 トニがドイツに順応できたとしても結局そんなに戦力アップしたと感じないのは俺だけ?
posted by pon at 12:33| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

稲本高原の同僚に

 トルコのガラタサライに所属していた稲本が高原が所属するフランクフルトへ移籍することが決定!

 ガラタサライが稲本との契約延長をしなかったことから移籍することが具体化してすぐのフランクフルト移籍が決定。高原がクラブに獲得を薦めたこともあるらしいけど、3週間ちょっとクラブは調査しての獲得みたいなのでちゃんと評価されての移籍みたい。

 これで日本人選手が2人以上在籍するクラブは宮本、三都主が所属するザルツブルグに続いて2チーム目。来季はフランクフルトが注目の的になるかな、日本では。

 それにしても稲本ってなかなか評価されないね。シーズン通してのコンディションが不安定なのかな?今までもステップアップの移籍というよりは必要に迫られての移籍という印象が強い。今回はトルコリーグからブンデスリーガへの移籍なので結果的にはステップアップかもしれないけど、ガラタサライは優勝争いをするチーム。フランクフルトは残留争いをするチームということを考えるとちょっと微妙。ガラタサライから契約延長されないから移籍したってことも今までどおりだしね。今回こそはクラブにちゃんと認められるよう頑張ってほしい。
posted by pon at 12:34| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

俊輔充実のシーズン終了

 俊輔がカップ戦決勝も勝利し、優勝でシーズンを終了。チームのタイトル、個人タイトル合わせて10冠で充実のシーズンを終えた。次は代表のキリンカップかな。ワールドカップがあってほとんど休む間もなく今シーズンを戦ってまた代表で戦うとなるとちょっと疲労が心配。

 持病となっている腰痛が悪化したりして来シーズンに影響がでたら元も子もない。でも代表でもクラブでのプレーぶりを見たいというような矛盾した気持ちでいつも見てしまう。できれば休ませてあげたいんだけど、本人はやる気十分だから気力がある時は大丈夫という気持ちでキリンカップも期待しようかな。

 それにしても今シーズンは最高の年になったんじゃないかな。タイトル総なめって感じだもんね。来シーズンもたぶんセルティックでプレーするんだろうから、チャンピオンズリーグでまた決勝トーナメントに進んで欲しい。スペインでのプレーも見てみたい気はするけど、このままセルティックでヨーロッパでのプレーを終わらしたほうがいい気もする。Jリーグに最後は戻ってくる気持ちもあるようなんだけどやっぱりマリノスに戻ってくるのかな。ちょっと違うチームでやって欲しい気もするね。
posted by pon at 13:42| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ミランがビッグイヤーを手に

ミランvsリバプール.gif

 注目のチャンピオンズリーグ決勝は一昨年のリベンジを果たしたミランが優勝。ベスト4に3チーム残っていたイングランド勢は結局全部撃沈してしまった。

 ゲーム自体もミランが優勝してしかるべき内容だったと思う。前半はリバプールペースだったけど、決め手に欠いていたしシステムを変えてジェラードをトップ下にした意味が結局出せなかった。

 ミランは中盤が見事な連携で短いパスをダイレクトでリバプールのプレスをかわすなど試合を通して持ち味を出していたように思う。リバプールはジェラードをトップ下に起用したのが裏目に出てしまった気がする。両サイドからの攻撃を意識していたようだけど、ゼンデンがガットゥーゾに抑えられ、ペナントは主導権を握っていたけどラストパスの精度や判断が遅く逆に攻撃を遅くしミランを助けた場面も多かった。肝心の両サイドが足かせになっているようにさえ感じたかな。キューウェルが入ってからはリーセも活きるようになって攻撃も活性化したと思うけど。

 あとベニテス監督の采配もちょっと疑問だった。ゼンデンは前半で交代させるべきだったのではないかと思うし、クラウチはスタメンでも良かった。サイド攻撃に重点を置くなら最初から2トップ(クラウチ、カイト)にして臨んだ方が良かったようにも思う。ロングボールが多かったからクラウチに競らしてカイトに走らせる展開とかね。

 ジェラードは良い選手だけど、今日のようにセカンドトップで使うプレーヤーでは無いんじゃないかな。ドルブルもそんなに得意じゃないから1人で局面を打開するのは難しいし。ジェラードの魅力は正確で強力なキック。中盤で使ったほうが活きると思う。リーセ同様強烈なミドルシュートがあるしね。

 ミランはカカがセカンドトップで自由に動いてらしいプレーを見せてくれた。2点ともカカから生まれたゴール。インザーギもさすがのプレー。特に2点目はこれぞインザーギっていうような飛び出しからのゴール。やっぱインザーギはラインからの飛び出しが本当に上手い。イタリアらしいストライカーだね。

 ミランの中盤で効いてたのがガットゥーゾ。相変わらず運動量豊富で中盤のつぶしが上手い。意外に足技もある。日本のつぶし屋で思い浮かぶのがアントラーズにいた本田なんだけど、本田と違って後手に回って結局ファールで止めるというような事が少ない。これも意外だった。今日がたまたまそうだったのかもしれないけど。

 ミランは中盤が完成された印象を受けるプレーが多かった。ピルロが上手くパスをさばいてガットゥーゾとアンブロジーニが潰し役、セードルフがアクセントをつける。そんな関係が確立してた感じ。もちろんチャンスだと思えば前に出て行ったり臨機応変に対応もする。今日はミランが中盤では完全勝利だったかな。

 試合自体は両チーム共最高のプレーをしたわけじゃないし、ミランも結局イタリアのチームらしく最後は守ってカウンターの展開。今シーズン最初で最後のヨーロッパの試合観戦(テレビだけど)で期待してただけに少々がっかりでもあるけど、それなりに満足もしたかな。

 リバプールを応援してたから残念だったけど、今日はミランが勝って当然だったとは思う。審判の判定が若干ミランよりのように感じたとこもあったけどね。
posted by pon at 23:44| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

明日?のチャンピオンズリーグ決勝

たぶん明日に行われるチャンピオンズリーグ決勝。今年はおととしの再現でミラン対リバプールの対戦。

おととしのこのカードの決勝はすさまじかったから今年も期待したい。ミランはリベンジに燃えているのかと思ってたけど、カカは結構さばさばした感じのコメントしてたね。内心はわかんないけど・・・。

今回はリバプールを応援しようかな。今年のチャンピオンズリーグの決勝トーナメントからリバプールを応援してる(リヨンも応援してたけど負けてしまった)し、メンバーも好きな選手が多い。

ミランはカカとかインザーギとか結構好きなんだけど、なんとなくイタリアのチームってことで気分が乗らない。ミランは攻撃的な方だから嫌いじゃないけど。

民放で放送すんのかな?
posted by pon at 12:36| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

セルティック優勝&俊輔MVP!!

 セルティックが俊輔のロスタイムFK弾で勝利し、2季連続優勝を苦手のアウェーで決めた。

 俊輔がまたまた魅せてくれた。ロスタイムで得たFKを冷静に状況を判断してのキックで見事ゴール。ゴール後は珍しくユニフォームを脱いでサポーター席へまっしぐら。ついでにイエローカードももらった。

 あのフリーキックの場面は見方が走りこんできてちょっと触ればゴールになり、触らなくてもそのままゴールする可能性にある位置。それを見越して絶妙のコースに蹴って誰も触らずそのままゴール。見事だったね。あのフリーキックを取ったのも俊輔自身だということだからゲームを読んだプレーぶりは成長の証かなとも思う。前半にはCKから先制点をアシストしてるし本当に大活躍って感じ。

 あとは1番予想だったMVPも見事に獲得。同じリーグでプレーするプロ選手からもらったMVPは本当に嬉しいと思う。同じチームの選手からの投票は受付ないから価値は本当に高いんじゃないかな。自信にもなると思うし。

 本当におめでとう、そして残り試合頑張ってください。
posted by pon at 12:38| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

俊輔が年間MVP候補に

 セルティックの俊輔がスコットランドリーグの年間MVPの候補4名の中に選出。

 これは選手が投票し、しかもチームメイトには投票できないことからかなり価値があると思う。戦った相手からの投票だけだから、相手にそれだけの印象を試合で見せなければ4名の中には入らないだろうしね。

 MVPの発表は22日に行われるということだからまだ1週間ちょっとあるけど、セルティックからはボルツとネイラーも4名の中に残ってるからたぶんセルティックの誰かが選ばれるんじゃないかな。俊輔だといいなぁ。今季は出場数も1番多いはずだし、結果も出してるから選ばれる可能性は高いと思うんだけどな。
posted by pon at 12:33| Comment(2) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦

チャンピオンズリーグの第2戦の結果。
左側がホーム。

マンチェスター・U 7-1 ローマ

バレンシア 1-2 チェルシー

バイエルン 0-2 ミラン

リバプール 1-0 PSV

マンUが7-1の大勝。ファーストレグで負けていたので絶対勝たなければいけない試合だったけど、まさかこんな大差がつくとは思わなかった。ローマにしてみれば悲劇的な結果になってしまったね。今季のローマは良いサッカーをしていたのでショックも大きいだろう。

チェルシーは試合終了間際のエシアンのゴールで勝利。ぎりぎりで勝ち抜けを決めた。バレンシアを応援してたのでがっかりだけど、ファーストレグも含めて良い戦いだったんじゃないかな。

ミランは逆境を見事跳ね除けてアウェーで勝利。準決勝ではマンUと対戦。ミランは怪我人が多くてここで敗退するかなと思っていたけど、なんだかんだいっても勝ち抜いてくるね。

ファーストレグで勝負を決めていたリバプールも手堅く勝利。PSVも怪我人が多くてメンバー構成に苦労していたので他の3試合と比べると消化試合みたいな感じは否めない。

今回はベスト4のうち、3チームがイングランド勢。これでミランが優勝したら・・・。この4チームの中だとリバプールを応援しようかな。
posted by pon at 12:40| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

チャンピオンズリーグ準々決勝2

チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦の残り2試合。
左側がホーム。

ローマ 2-1 マンチェスター・U

チェルシー 1-1 バレンシア


ローマがマンUにホームで勝利。意外というか、今季のローマは結構いいサッカーをしているみたいでそれが今回の結果にもつながったのかな。リーグ戦ではインテルに独走を許しているものの、確かローマは2位か3位くらいだったと思うし。あとどうでもいいけど、ローマのユニフォームって今季は胸にスポンサー名が入ってないからなんか練習着みたいで好きになれない・・・。

チェルシーはホームで手痛いドロー。0-0ならまだ良かったけど、1点アウェーゴールを取られたのが痛い。バレンシアを応援してるからいいんだけどね。
posted by pon at 12:34| Comment(1) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

チャンピオンズリーグ準々決勝1

チャンピオンズリーグの準々決勝第1戦の2試合が行われた。
左側がホームチーム。

ミラン 2-2 バイエルン

PSV  0-3 リバプール

ミランがホームで手痛い引き分け。しかも2点取られてるので次のアウェーはまず勝たないとかなり厳しい。引き分けだったら最低でも2点は取らないと敗退が決定。2点取っても延長に入るので、引き分けで延長もなしで準決勝に進めるのは3点取らないといけない。バイエルンは嫌いなのでミランに勝ってほしいんだけどね。

リバプールはアウェーで完勝。これで準決勝への進出は”確実”に限りなく近い状態になった。次はホームなので失点にさえ気をつけて戦えば何の問題も無いだろう。リバプールはリーグ戦でもアーセナルに4-1で勝利し、クラウチがハットトリックした。その勢いも続いていたのか、最近チーム自体も調子がいいみたいだしこれからの戦いがリーグ戦・チャンピオンズリーグとも楽しみなチーム。

唯一イングランド代表だけ不安だけどね。ユーロ予選突破できるのか、かなり心配。

posted by pon at 12:28| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

森本、6ヶ月の重症

 カターニャの森本が膝の十字靭帯を痛めて6ヶ月の重症。手術することになりそうで、今季は絶望。それでも完全移籍の話しは前向きに進んでいるようで、森本も一安心じゃないかな。

 残念なのはU-20ワールドカップに出場することができないこと。怪我をしていなくても出場したかどうかはわからないけど、サッカーファンとしては見たかった。森本の担当医はけっこう有名な医者らしいね。トッティがワールドカップ前に足を痛めたとき担当して、ワールドカップに間に合わせた医者だって。早く治ればいいね、癖にならないように完全に治すことが優先だけど。
posted by pon at 12:40| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。