2007年08月04日

U-22中国と0−0

 4カ国トーナメント(中国)に参加しているU-22日本代表が中国と対戦。結果は0−0のドロー。

 この試合は審判まで中国人というなんともお粗末なレギュレーション。北京五輪のことを考えるとこんなことをするところで国際大会を開いていいのかと思う。

 ただ、親善試合ということで日本にとっては審判まで敵に回した完全アウェーで戦えることはメリットとポジティブに捉えたいね。公式戦ならこんな風には思えないけど。

 試合はテレビでやってなかったので、どんな感じかはわからないけど結構押されてたみたい。0−0で終えたことは評価できるんじゃないかと思う。特に今回は連れて行っている選手全員に出場機会を与えているようだし主力が数人か離脱中、プラスU−20から昇格した6人の選手も加わったばかり、というふうに強化・新戦力テストなど試験的な要素が多いから。

 また、残念なのが日本人サポーター9名程に中国人サポーターが紙コップを投げつけて罵声を浴びせたこと。どうやら日本国旗を掲げて応援していたから目立ったんだろう。非常に残念だし、日本のサポーターの人は怖い思いをしたね。トラウマにならなければいいけど。
できれば日本協会がこの9名になにかしてあげて欲しいけど。

 アジアカップが中国で行われたときも凄かったけど、反日感情がまだ高いのかな。
でもスポーツと政治・歴史は関係ないと思うし、こういうことはやめて欲しい。日本のサポーターが他国のサポーターにこんなことは絶対にしない分、相手にも求めたいところ。ましてやオリンピックを開く国がこんなことをしていては、健全な国際大会であるオリンピックも心配になってくる。
posted by pon at 14:49| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。