2007年07月29日

日本、韓国に敗れる

japanvskra_aja2007.gif

 韓国との3位決定戦はPKの末、韓国に敗れて4位。3位までは次回大会のシード権が得られたので痛い敗戦。

 オーストラリア戦同様相手が10人になってからも内容も同じ。また同じことの繰り返しで延長戦。経験をどう活かしてるのか教えて欲しいくらい。何回かチャンス、それもビッグチャンスを作ったのにも関わらず最後で押し込めない。

 いつも思うことは生粋のドリブラーがほしい。こういう展開ではなおさら。相手は10人になってFWを残してあとは引いて守ってカウンターっていうのがパターン。引いてる相手にはサイドからクロスを上げてもその前の崩しがないのではね返されるのがオチ。その崩しのところでワンツーやドリブルで崩すのが1つの手段。個人的にはこの2つは1SET。片方だけだと同じことの繰り返しになってしまう。特に相手は守りに徹しているんだから。

 今の日本ではドリブラーっていうと山岸が当てはまるかもしれないけど、ドリブルで勝負することはほとんどない。代表になるとみんなドリブルで勝負してボールを取られる事を必要以上に怖がる傾向にある気がしてならない。これもメンタル・・・なのかな。
アジアカップのメンバーでは1試合に途中出場しただけだけど、水野がドルブルで勝負していく選手だと思う。水野にしても生粋のドリブラーとはまた違うんだけどね。1人はドリブラーがほしいね。かなり強引でも勝負していくような選手が。全部負けてもマッチアップの相手は確実に消耗するから無駄にはならないし。

 今日もまた序盤から横パスをカットされる場面があった。これはサウジ戦でもあったことだし、自分達で流れを崩すことになるので絶対に直さなきゃいけない。なにより修正できないことではないんだから。

 日本の課題はパスカットからの展開。せっかく良いパスカットをしてもそこからどうしようか迷ってしまう事がよくある。そして結局スローダウンしてしまってチャンスを作り出すこともできない。あくまで自滅。
これも”考えて走る”という中に含まれると思う。考えすぎての結果かもしれないけど、シンプルに行く時はぐっとスピードアップして勝負していいと思う。今大会でボールを大事にしすぎてしまうと相手に引かれて結局横パスを回して崩せない展開にずるずるとなってしまうことがよく分かったんじゃないかな。

 今日は采配についても一言。最後の交代枠使うのが遅すぎる。高原を矢野に代えたわけだけど、高原を残してもよかったんじゃ。どうせサイドを崩せずボールを密集地帯に放り込むしか今の日本には出来ないんだから枚数増やして人海戦術くらいしかないんじゃないかと思う。

 あとは今日の試合に限っては精神面がクローズアップされた感がある。精神面だけで試合が決まるわけではないけど、確かに今日は精神面の強さをもっと見せて欲しいと思わせる試合ではあった。相手が韓国ということもあるけど、こんな展開になったのも誰もが前線でパスばかりの勝負をしないプレーに終始したから。これも精神面をもっと前面に出せば少しは改善したんじゃないかと思ってしまう。それくらい日本はオーストラリア戦の課題を受け流したようなプレーしかしていない。

 PK戦に入った時点で韓国の勝ちみたいなもん。だからPKで韓国が勝ったことはある意味当然。相手が10人になっても攻めきれず延長でも点も取れずPKまでもっていかれたことが問題。しかもオーストラリア戦同様に。
選手は形は出来てきているとみんな言うけど、どんな状況でも同じような展開しかできないことが形ができているということではない。状況に応じてチームが連動して相手を崩してしっかりと守るということができることが形ができてるということ。選手が言うのは攻めの形の1パターンが出来てきてるってだけのこと。

 今大会の総括としては、審判にもふれたい。やっぱりアジアの主審のレベルは低すぎる。今日もそうだけど、韓国側としては退場処分は納得してないだろうし、日本側も韓国側も試合中不可解な判定は多かった。大会通してそうだったけど。あとはAFCの大会運営の下手さ。多くのチームが長い移動を強いられたし、この試合前も日本の移動で手配ミスで飛行機の乗り継ぎに問題も出た。もっと協会側もレベルを上げるべきだということがまたも課題になった大会になったね。
posted by pon at 00:32| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。