2007年07月26日

日本は3位決定戦へ

japanvssauji_aja2007.gif

サウジアラビアとの準決勝は2−3で負け。これで日本は韓国との3位決定戦へ進むことになった。

 サウジアラビアは日本のことをよく研究してきている印象を受けた。もともとサウジのサッカーはカウンター狙い。他のカウンター狙いのチームと違うのはプレッシングが早くて、そのエリアが広いということ。センターラインからペナルティエリアの間辺りでかなりプレッシングをかけてくる。そのサッカーがパスをつなぐ日本にとっては苦手とするところであり、嫌な意味ではまってしまったとも言えるけど。

 今日も横パスを狙われて(パスミスも手伝って)カウンターにつなげられることが多かった。前に次の相手はウズベキスタンがいいと言ったのはそのため。ウズベキスタンならここまで早いプレッシャーはなかっただろうし、あったとしても短い特定の時間だけだったろうから。

 それにしても本当に両サイドはドリブルが下手。特に加地は本当にひどい。あっさりと取られすぎ。せっかく良いタイミングで上がってきてもあんな取られ方をしていてはサイド攻撃をする意味がない。早くサイドバックの人材が育つことを願う。

 日本はパスはつなぐけど、ドリブルで仕掛けることがない。これがもうサウジにもわかってるからすぐに足を出してくる。また、日本のMF陣はミドルシュートを狙いたいと言っていたけど全く打たない。いつものことだけど口だけだね。いい加減にしろよ。オーストラリア戦でも相手が10人になりながら勝ちきれなかったのはそういうところもある。特に俊輔は打てるチャンスもあったのにパスを選択して、クリアされる。まだまだ怖い存在にはなれていないね。

 相手の9番は167cmとかなり小柄ながらなんでもできる本当に良いFW。この9番に阿部と中澤が翻弄されて取られた点はがっくりときた。個人技でやられるのは個人的には仕方ないかなと思うところはあるんだけど、時間帯が悪すぎた。同点にした直後だったのでよけいにがっくり。今日はあの9番に学んだことは多かったんじゃないかな。DF陣がというよりはMF・FWが。

 試合展開としては後半開始直後に点を取られたのが最悪。点を取られた後にすぐ追いつくことができるのはとても大きいことなんだけど、それがいつまでも続くことはありえない。日本は特に点を取られたらそれを取り返すためにシンプルに点を取りにいくけど、なんでそれが同点・勝ってるときにできないんだ。それに負けてるのになんでシュートを打たない?昔から日本はそう。オシム監督になってから組織のイメージがより強くなったかもしれないけど、オシム監督はパスも考えながら回して考えて相手を崩すことが大事だと言ってるわけでシュートを打つなと言ってるわけじゃない。それに”考える”ということは試合展開の中で強引でもシュートが必要ならば打つという答えを出すことでもあるんじゃないの。
 オシム監督になって確実にパスで崩す形はできてきている。それはテクニックのある日本選手がよりそれを活かすことができるようにするためのものだけど、試合になれば使えないテクなんていらない。オシム監督が気の毒だね。そういう意味では歴代の日本代表監督はみんなそうだけど。
 日本選手と例えば南米の選手の違いはそう。今日で言えばサウジの9番。彼らは試合でも持ってるテクが使えるパーセンテージが明らかに高い。日本は試合になると持ってるテクのほんのちょっとのパーセンテージしか使えないと思う。これ、早く直したほうがいいよ。

 個人的には今大会で組織やパスでの展開、そして考えて走るということを熟成し、今大会後に個人技での肉付け、アレンジという段階に進めればと思っていた。だけどアジアカップは組織やパスを回すだけでは勝たしてくれなかった。今日の試合を見る限りでは、肉付けする個人技も大した事無いのがわかってしまったけど。

 次は韓国との3位決定戦。モチベーションを日本がどれだけ保てるかを見たい。これでモチベーションが落ちてふがいないプレーをすることだけは許せない。あとオシム監督、まだ辞任しないでくださいね。
posted by pon at 00:42| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。