2006年08月31日

稲本移籍、平山放出?

 ウエストブロムウィッチ(イングランド)の稲本がガラタサライ(トルコ)に移籍することに。現在ガラタサライはフルハム(イングランド)で指揮を執っていたティガナが監督をしている。フルハム時代に稲本と一緒に仕事をしたこともあって稲本にとっては良い環境になるのではないかな。ガラタサライは今季チャンピオンズリーグにも出場するし、イングランド下部リーグでやるのとは全然違う経験ができると思う。今季は中村俊輔と稲本がチャンピオンズリーグでプレーするかもしれないと思うとわくわくするなぁ。
俊輔はまず間違いなく出場できるだろうけど、稲本はまずポジション確保しないとね。トルコといっても選手の質は決して悪くないから絶対にレギュラーになれるかはわからないので、豊富な海外経験を活かして早く馴染むことが大事だろうね。

 平山は突然の放出話で本人もびっくりだろう。今季の開幕戦に出場もしたのでそんな話が出るとは思わなかった。理由は必死さがなく、調子も悪く、言葉もマスターできていないというとこらへんらしい。ひょっとしたらJリーグへの移籍ということになるかもしれない。欧州の移籍期限は今日までなので欧州のチームへの移籍はまず無理のような気がする。クラブ側もJリーグに移籍させるようなことも言ってるようだし。ただもう1回クラブ側と話をするようだし、心配で終わることを祈るかな。やっぱりどんなクラブでもプロである以上、結果と日々の練習に対する姿勢など、様々なところを評価されるんだな。平山にとってはどんな結果になってもプロとしての良い勉強になったんじゃないだろうか。
posted by pon at 12:36| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

小笠原、メッシーナへ移籍!

 また1人Jリーグから世界へ飛び立った。小笠原の行き先はイタリアのメッシーナ。昨シーズン同僚の柳沢が在籍したチーム。ユベントスの降格が決定すればメッシーナはセリエAに残留することが決まるため、今まで保留していたけど、ユベントスの降格がほぼ決定的ということで決意したんだろう。移籍期限も今月いっぱいまでだったので時間的にもう余裕がなかったこともあるだろうけど。

 小笠原は身長はさほど無いけどフィジカルはあるし、テクニックもある。得点能力も日本の中盤の選手の中では高いと思う。メディアでも言われているように中田の次にイタリアで成功する要素を多く持っている日本人選手じゃないかな。中村俊輔はテクニックはずば抜けていたけど、フィジカルが足りなかった。特に中盤を省略する時間が多いイタリアのサッカーの中ではテクニックを生かす場がかなり限られる。小笠原はフィジカルもあるし、守備能力もある。小笠原がJリーグで活躍し始めた頃は中田に似てるなぁと思った。控えめに見えがちだけど日本代表では海外組優先の状況を公の場で疑問を呈してのを見ても結構我が強いというか芯がしっかりしているという印象を受ける。そういう所も中田に似てると感じる要素かもしれない。

 でも小笠原はそんなこと全然気にもしてないだろうな。自分は自分。そういう風にしっかりとしたメンタルを維持してイタリアでも活躍してくれることを期待してる。ただ日本代表としてはしばらく見れないかもしれない。この時期に移籍するということは西アジア遠征の候補(40人位?)にも入ってないということ。理由は候補の選手はもうパスポートを日本協会に提出しているので候補の選手は今パスポートを持っていない。ということは飛行機に乗れないってことだからイタリアに行った小笠原は候補に入ってないってこと。残念ながらオシムの構想には今のところ入ってないんだろう。そのうち呼ばれるようになるかもしれないし、今は新しい環境で頑張るのみだな。
posted by pon at 00:06| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

リーガ・エスパニョーラ開幕

 リーガ・エスパニョーラの新シーズンが開幕。昨季王者のバルセロナはロナウジーニョを怪我で欠きながら新加入のグジョンセンの決勝ゴールでセルタに勝利。一方永遠のライバルともいえるレアル・マドリーはビジャレアルと0−0のドロー。こちらは新加入のカンナバーロ、ファン・ニステローイ、エメルソン、ディアラを先発させたが効果は出ず。内容もかなりの批判を集めていることからしょうもない試合だったようだ。

 ここ2、3年バルサとレアルの立場は逆転したと思う。レアルが魅力的で結果も出すサッカーをしていたときはバルサは中位を争っていたのに今は逆。レアルは一応上位に顔を出しているのでバルサが沈んでいた時期よりはましかもしれないけど。

 今シーズンはまだ1試合しかしていないので今から今年のレアルも無冠に終わるんじゃないかという心配は早いだろう。新加入選手も多いし、カペッロ監督に代わったばかりでチームを立て直しにかかったばかりなんだから。ただ、新加入した選手がすぐに活躍したバルサと全然機能しなかったレアルの開幕戦は今の両チームの現状を表しているかのようでレアルサポーターの不安はまだまだ続くのかもしれないと思ってしまう。
posted by pon at 12:46| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

ミラン、ベティスからリカルド・オリベイラ獲得

 ミランがスペインのベティスからフォワードのリカルド・オリベイラを獲得。

 シェフチェンコがチェルシーに移籍して代役を探していたけどリカルド・オリベイラに決定。結局ロナウドは獲得できなかったので方向転換した形。これで今シーズンのミランのフォワード陣は、ジラルディーノ、インザーギ、アモローゾ、ボッリエッロ、リカルド・オリベイラの6人で構成される。

 こうしてみると今シーズンのミランのフォワードは物足りなさを感じざるをえないな。軸はジラルディーノになるだろうけど、相方はインザーギかリカルド・オリベイラかな。インザーギは年齢的にもフルシーズン先発で戦えないと思うので、リカルド・オリベイラがどれだけ頑張れるか。アモローゾはなんでミランが獲得したのかわからないし、インザーギ同様年齢の面で不安が強い。ボッリエッロは正直「誰?」って感じでよくわからない。1トップで戦うことが多くなるかもしれないね。どのみちターンオーバーを使おうにも不安が残る面子だと思う。

 やっぱりシェフチェンコの存在は大きかったというのがよくわかる。ほんとに大きな戦力ダウンを感じるなぁ。シェフチェンコの代役なんてそう簡単に見つかるわけでもないので、今いるフォワード陣がどれだけ活躍できるかが楽しみでもある。
posted by pon at 12:43| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

アヤックス、オウンゴールでCL敗退

 チャンピオンズリーグの予選3回戦の第2戦の残りが行われ、アーセナル(イングランド)・ディナモ・キエフ(ウクライナ)・ガラタサライ(トルコ)・CSKAモスクワ(ロシア)などが勝ち上がった。その中で常連のアヤックスがオウンゴールでまさかの敗退。早々にサプライズが起こってしまった。メンバーもビッグクラブよりは一歩劣るにしても決して悪くないし、オランダ代表のデビュー戦で活躍したフンテラールがいるしドイツワールドカップに出場した選手もいるので本選でも決勝トーナメントに進出するかもしれないと思っていたから本選に出場することなく去ってしまったのはすごく残念。

 ちなみにジーコ監督のフェネルバフチェも敗退し、UEFA杯に回ることになった。これでクビになることはないと思うけどCLは特別だからどうなるかな?批判ぐらいはでるかもしれないね。リーグ戦では好調みたいなので大丈夫かな。

 いよいよ本選からは中村俊輔のセルティックが登場するので要チェックだね。どこのチームと一緒のグループになるかな?決勝トーナメント進出は無理な気がするけど、1勝もできないまま敗退するのは避けてほしい。なんかドイツワールドカップの日本を思い出しそうなので・・・。
posted by pon at 12:42| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

CL本選出場チーム

 今季のチャンピオンズリーグの予戦3回戦の第2戦が行われて、ミラン・リバプール・バレンシア・ハンブルガーSV・ベンフィカなどがまずは本選出場を決めた。

 とりあえず強豪チームが勝ちあがりを決めたのでサッカーファンとしては一安心。サプライズは本選が始まってからのほうが面白しね。それでもミランとベンフィカ以外は結構苦戦して勝ち上がりを決めた。

 リバプールは内戦でホーム戦を中立国のウクライナで試合をせざるをえなかったマッカビ・ハイファ(イスラエル)に2戦合計3−2で辛勝。バレンシアも第1戦は0−1で負けて第2戦のホームで3−0で勝利して勝ち抜き。圧勝のように見えるけど、1戦目で負けているので後がなかったのは確か。ハンブルガーもアウェーゴールで上回っての本選出場。

 こうしてみると、どの国のトップチームはそれなりに力を付けてきているのがわかる。まだ対等にビッグクラブと渡り合えるレベルではないにしても絶対に勝てないというわけでは無くなった。それでも最終的には資金豊富なビッグクラブが有能選手を引き抜いていくのでこれ以上は埋まらないのかもしれない。サッカーファンとしてビッグクラブが早々に大会から消えるのはいやだけど、中小クラブがサプライズを起こせず全部消えてしまうのも物足りない。難しいね。
posted by pon at 12:49| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

オシム監督J2視察へ

 オシム監督が初のJ2視察をする。とうとう日本代表への扉はJ2の選手へも開かれることになるのかな?これはJ2の選手・クラブ・サポーターには嬉しい出来事だろうな。選手たちはJ1を目指してモチベーションを持って戦っているけど、中位以下はなかなか順位が変動しない状況にあると思う。中位以下のチームの選手はなかなかモチベーションを保ちがたいと言えるかもしれない(応援してくれているサポーターの気持ちに応えようという気持ちは必ずあると信じているけど)。

 クラブやサポーターも自分たちのクラブから日本代表選手が生まれたらこれほど誇りに思うことはそうないんじゃないかな。鳥栖の新居選手は得点ランキングトップだし、可能性はあるかもしれないね。オシム監督のことだから実際に見て自分の求めることを実践できるだろう選手であればどのポジションでも召集しそうだけど。
posted by pon at 12:46| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

中田浩二6試合連続出場だって

 スイスのバーゼルでプレーする中田浩二が6試合連続フル出場っていうニュースがあったけど、これがニュースになるのだから今の日本人選手の欧州での現状がよく分かる。それだけレギュラーとしてプレーしている選手が少ないということだね。今シーズンもスペイン、イタリアを除いてリーグ戦が始まってる。

 中田以外ではルマンの松井とセルティックの中村は昨季と同様レギュラーとして活躍している。ヘラクレスの平山はまだレギュラーと考えるには早いかな。それでも昨シーズン同様コンスタントに試合には出ると思う。WBAの稲本はベンチにいることが多く、大黒も最近はベンチが続いている。高原は怪我の状態がまだよくないので分からないけど、ベンチにいることになりそうな心象を受ける。森本もベンチが多くなるかな。

 結局2人しかちゃんとレギュラーでプレーできてないってこと。中田はレギュラーとして考えてもいいかもしれないので3人か。今シーズンは始まったばかりなのでこの人数が増えてくれることを願う。もちろん日本人選手とか関係なしに欧州リーグも楽しみ。
posted by pon at 21:35| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

加地、遠藤、巻代表外れる?

 日本代表のイエメン戦に先発出場した加地・遠藤・巻が代表を外れる可能性があるらしい。関係者によるとイエメン戦は選手の最終選考もかねていたということ。その中で動きの良くなかった加地、FKを打合せ通りに蹴らなかった遠藤(三都主も)、中央で待つことの多かった巻らがその選考に引っかかった。
 オシム監督は「使える選手と使えない選手がはっきり分かったので有効な試合だった。選手選考で悩むことがなくなった」と関係者に言ったようなので現実味があるね。でも、いつも感じるんだけどこの関係者って誰?こんな簡単に情報を漏らしていいの?って思う。関係者ってことは協会の人間なのかな?だとしたらやっぱり協会の体制というか意識は相変わらず乏しいと言うしかないかな。応援している人間としては情報は欲しいけど、それよりも代表がしっかりと戦える環境と結果が出ることのほうが大事。そのあたりをもっと考えて欲しいと思う。
posted by pon at 12:44| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

イエメンに勝利

 オシム監督になって初めての公式戦。イエメンに2−0勝利。結果重視の中でとりあえず最低限の責任を果たした。

 正直オシム監督になってから全然時間が経ってないので引いて守ってくる相手にどう対応し、得点を取るかなんて解決できるわけないので今日の試合内容は思ったとおりいつもの攻めあぐねるものだった。
 前半立ち上がりは今回召集されたガンバの2選手が戸惑っているような印象だった。今日はチーム全体が走れていなかったので徐々になじんでいった感はあるけど。とにかく今日は相手が引いて守ってくるので走りこむスペースが無いというのが選手の思うところではないかと想像できるけど、じゃあスペースを作り出すような走りをしたのかと言えばそれをしたのは後半から入った羽生だけだったと思う。
 あと佐藤寿人はさすがというか、少ない時間できっちり仕事するね。あの追加点でほんのちょっとすっきりした。

 まぁどのみち始まったばかりでとりあえず結果は残したのであんまりまだとやかく言う段階でもないと思う。これで負けてたら駄目だけどね。個人的に気になるのは通訳の人かな。ちゃんと通訳してる感じがどうもしないんだよな。コーチ陣にちゃんと上手く伝えてるのかすごい疑問に感じてしまう。

 次はアウェーでサウジとイエメンと戦うのでそこでどれだけ戦えるかを期待しようと思う。
posted by pon at 21:51| Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

イエメン戦メンバー発表

イエメン戦メンバー

GK:川口(磐田)
  山岸(浦和)

DF:三都主(浦和)
  坪井(浦和)
  闘莉王(浦和)
  加地(G大阪)
  駒野(広島)

MF:中村(名古屋)
  羽生(千葉)
  阿部(千葉)
  佐藤勇(千葉)
  遠藤(G大阪)
  鈴木(浦和)
  長谷部(浦和)
  山瀬(横浜M)
  田中隼(横浜M)
  小林(大宮)

FW:巻(千葉)
  我那覇(川崎)
  佐藤寿(広島)
  田中達(浦和)
  坂田(横浜M)

 トリニダード・トバゴ戦のメンバーから今野・栗原・青山が外れて、巻・羽生・阿部・遠藤・加地が加わった。基本的にはこの間のメンバーにA3で参加できなかった千葉とG大阪から追加したような感じ。意外だったのは海外遠征で召集できなかった鹿島から誰も選出されなかったこと。小笠原あたりは呼ばれるのかなと思ってたけど選出されなかった。内田あたりも呼んだら面白いなと思って期待してたんだけどな。小野は結局今回も呼ばれなかった。

 スタメンも結構変わってくるかな?次はフォワードのゴールというよりもシュート数が増えることを期待したいと思う。この間はフォワードのシュートが少なかったし、得点も中盤に入った三都主が取っただけだし。あとは運動量の配分かな。そういうのも「考えて走る」っていうことだと思うし。90分走りきれた方がいいけど、現実的に厳しいと思う。まぁ今回はアジア杯の予選なので勝つのが最優先だけど。心配なのは今までの日本代表の課題だった引いて守ってくる相手への対応。一般的に引いてくる相手は崩しにくいけど、公式戦なのでそうは言ってられない。そしてこういう相手の時はフォワードが動くスペースが無くてシュートチャンスがいつも以上に減る。そういう状況の中でフォワードがシュートを打つ場面を多く作ってほしいと思う。
  
posted by pon at 23:28| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

名波のセレッソ移籍が決定的に

 ジュビロ磐田の名波がセレッソに期限付移籍することがほぼ決定的になった。
ジュビロは今若返りを図っているということで名波の出番が無いということらしい。名波はベンチに置いておくよりもピッチでプレーしてほしい選手なので個人的にこの移籍は嬉しい。もうベテランなので中田英のこともあるしいつ引退するかわからないので少しでも多くの時間をピッチで過ごしてほしい。

 セレッソには大久保も復帰したし、日本代表で一緒にプレーした西澤や森島もいるので割とすぐなじんでくれるんじゃないかな?勝点も1つ上のサンガとは5離されてるし、思い切って「名波中心で攻める」ってチームの意識を決めちゃえばいいんじゃないかな。

 そういえばセレッソは優勝争いをした次のシーズンは降格争いをするのがパターン化してしまったね。戦力的にも降格争いをするようなチームではないと思うんだけど、なんでだろ?
posted by pon at 17:58| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

新生日本代表初戦勝利!

 オシム監督になって初めての試合は2−0で勝利。前半はよく走って少ないタッチでボールをつないでいいサッカーをしていたと思う。ワールドカップでは走れてない印象が強かったので見ていて新鮮さを感じたくらいだった。でも後半はばててしまったね。やっぱり考えながらというのを選手たちがいつも以上に意識してるだけあって運動量は同じだったとしても消耗の仕方が全然違うと思うし。自分もレベルは全然違うけどフットサルをやるときに強いチームに混ぜてもらうときは迷惑かけないように常に考えたりマークを常に確認したりしてると自分でもびっくりするくらいすぐにばててしまうから少しわかる。

 今日の試合は相手もフルメンバーではないし、日本特有の夏の湿気もあって正直勝って当然といえるかもしれない。日本も限られた範囲から選出されたということもあるのでお互い1.5軍か2軍くらいの感じかな。日本は今回の選手のうち半分くらいは当分ベースになるんだろうと思ってるので今日の内容は少ない準備期間の中で迎えた初戦ということを考慮しても評価していいんじゃないかと思う。後半はトリニダード・トバゴが日本のやり方に慣れてきたのと日本がばてたのと交代した選手が思ったより走れなかったのもあって膠着した状態になってしまった。初戦なのでどれも仕方ないと思うけど、これからのいい課題になったんじゃないかな。

 三都主はジーコの時と違って中盤で起用されてイキイキしてた印象が強い。本来攻撃を得意とする選手だから中盤で起用したほうが特長を出せるのはわかりきっているんだけどジーコ時代のイメージがまだ強く残ってたので意外に感じた。若い選手が多い中でベテランとも取れる中きっちり仕事をしたのがよかったと思う。相変わらず守備はかるかったのでそこは直してほしいけど。

 鈴木はジーコ時代にはなかった守備に比重を多くかけるボランチとして働いてくれたと思う。福西がそういう役目を担っていたけど福西も攻撃が好きで結構前に行ったりしてたイメージがあるし、鈴木ほど守備に徹してた感じはしなかった。鈴木みたいなボランチはやっぱり必要だと思う。もちろん攻撃にも参加するのは重要なことだけど、まずは守備のことを優先的に考えるマケレレみたいな感じの選手はほしいなぁとワールドカップを見て思ってたのでこれからも頑張ってほしい。

 今日は浦和の選手が多かったので連携も取りやすかったと思う。これから海外組やガンバやジェフからも選ばれるようになってくると今日みたいな連携は取れなくなるかもしれないけど長い目で見たい。そう思わせてくれるような練習をオシム監督はいろいろとやってくれているし、ジーコの放任主義とは違うやり方で選手の自主性を伸ばしてくれそうでこれからが楽しみだな。

 次はイエメン戦。1週間しか準備期間がないのでメンバーをどれだけ変えるのかが気になるとこだけどまだまだいろんなサプライズがある気がするし、今日の試合のようにダイレクトで数回つないでチャンスを作ったりと躍動感あるサッカーをしてくれそうで期待できるかな。まだ始まったばかりだけど。
posted by pon at 23:36| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

U-21日本代表 U-21中国代表に勝つ

 昨日はテレビで試合を見た。残念ながら前半の終わりからしか見れなかったけど・・・。まず思ったことは芝のコンディションの悪さ。ちょっと酷かった。北京五輪のときにどの会場もあんな芝だったら見るほうは全然面白くないだろうなぁ。でもあういう芝でアウイ戦を戦えたことは若い選手にとっては良い経験になったことと思う。グラウンドコンディションがあんなだったので昨日の戦い方がU-21のやりたいサッカーかどうかはわからないし、チームを立ち上げて数日しかたってないのでなおさら。それを考慮すると効率よく点を取って粘り強く守って勝利したことは評価できるんじゃないかな。
posted by pon at 12:42| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

川淵解任デモ

このブログにコメント頂いたQBKさんからの情報。

(ここから)
とうとう大規模な川淵解任デモが実行されます。
もしよろしければブログで取り上げていただけましたら幸いです。
代表戦後ということもあって多数の参加が見込まれ、200人以上の規模との予想がされています。
試合観戦予定の方の多数のご参集お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「川淵会長にレッドカードを」8月9日デモ実行のお知らせ

川淵会長への意思表明として、日本代表戦試合後、
千駄ヶ谷駅方面行きのデモを企画しました。
所要時間は10分程度を予定していますのでお気軽にご参加ください。

日時 : 8月9日(水) トリニダード・トバゴ戦終了後
時間 : 21時25分(試合終了時間によって前後する可能性あり)
場所 : 日本青年館玄関前 (競技場より徒歩5分)
経路 : 日本青年館前→千駄ヶ谷駅手前にて解散 (所用時間10分)
申請 : 7月28日付けで四谷警察署に申請済み
http://kawabuchi.tv/

上記サイトでは解任に賛成の人のオンライン署名も集めております
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・当日はチケットの無い方のために、集合場所にて代表戦テレビ観戦も予定しています。
・上記サイトではトラックバックを受け付けておりますので、
 趣旨に賛成の方はご参加頂けましたら幸いです
(ここまで)


このことに関してはみんなそれぞれ意見はあるだろうと思います。賛成の方もいれば、こんなやり方は賛成できないという方もいると思います。俺自身ちょっと考えてしまってますから・・・。

俺は参加できませんが、結果はどうあれ川淵会長に対する不信感を誰の目にもふれる形で表現することは大事かもしれないと思ったので紹介させてもらいました。気分を害された方はごめんなさい。
posted by pon at 12:47| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

追加召集

 日本代表が追加召集。メンバーは以下の通り。

DF 栗原勇蔵 22 横浜マ
MF 中村直志 27 名古屋
   鈴木啓太 25 浦 和
   山瀬功治 24 横浜マ
FW 坂田大輔 23 横浜マ

 もともと13人は少ないなぁと思っていたので今回の追加召集は納得。すごいドタバタ劇だったらしいけどG大阪と千葉のA3の動向を見守っていたのが理由みたいなので仕方ないかも。ただ今回の召集メンバーは多少びっくりした。若い選手が多いことよりも現在首位の川崎から結局我那覇1人しか選ばれなかったということがだけど。怪我明けの山瀬が選ばれたのも意外だったかな。

 どのみち今回のメンバーは基盤になっていく可能性がある選手だけど、選出の背景などを考えるとまだまだどうなるかわからないと思う。国際Aマッチデーの試合を5,6試合はこなさないと軸になっていく選手はわかりそうにないかな。もしくは2年後くらいか。
posted by pon at 13:28| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

日本代表発表!!

 とうとう日本代表が発表!と思ったらたった13人・・・。キーパーが2人だからこのままだとフィールドプレーヤーは1人しか交代できない。それに試合中ベンチに2人しか選手が座ってないってことか。なんか寂しいなぁ。ベンチに座ってる選手はもっと寂しいだろうけど。これからトリニダード・トバゴ戦まで追加召集はあるんかな?う〜ん、気になる。気になるメンバーは以下の通りです。

GK:
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

DF:
三都主アレサンドロ(浦和)
坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(広島)

MF:
田中隼磨(横浜FM)
今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(浦和)
小林大悟(大宮)

FW:
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)

長谷部と小林を中心に応援しよっかな。
posted by pon at 00:12| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

A3

 A3に参加しているG大阪と千葉がそろって勝利exclamation×2 試合は民放でもやってたけど夜中だったので見るのは断念。仕事で疲れてビデオを撮るのも忘れてしまった・・・。

 それはいいとして、最近はアジアの大会でクラブレベルではなかなか勝ててなかったので両チームとも勝ったことが嬉しいわーい(嬉しい顔) どちらも接戦だったようだけど、最近はそういう試合で競り負けているイメージが強かったのでそれを今回は払拭できたのがよかった。まだ試合は残っているので決め付けるのは早いけど、ワールドカップ直後ということも海外チームに勝利するだけで妙に安心してしまってるところが自分自身あるなぁ。でもこういうことの積み重ねが大事だと思うし、次も両チームとも勝ってほしいexclamation1位と2位をJリーグのチームが独占したらいいけどなぁ。
posted by pon at 12:42| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

ビエラがインテルへ

 ビエラがユベントスにいたのは1年という短い期間で終わってしまった。ビエラの年齢を考えると1年下部リーグで過ごすのは耐えられないだろうとは思うので仕方ないかな。1年しかいなかったわけだからユベントスに愛着も無いだろうし。これでユベントスはボランチ2人を失ったのでできる限りの補強は必要になるかもしれない。ボランチはチームの心臓と言われるほど近年のサッカーでは重要なポジションなのでユベントスとしてもビエラとエメルソンの移籍は痛いだろうな。

 これでユベントスからは5人が移籍したことになったけど、まだ移籍する選手は出てくるかな?イブラヒモビッチあたりは可能性がありそうだな。
posted by pon at 12:41| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

代表メンバー発表延期

 日本代表のメンバー発表が今日1日から4日に変更。楽しみにしていたので延期になったのは残念。でも適当に選ばれるくらいならじっくり考えて発表してもらったほうが良いと思う。まぁ、段取りや意思疎通ができてないところは相変わらずだなぁとあきれてしまったけど。今まで外国人監督を何人も招いてるんだから協会にはいい加減きっちりと仕事をしてもらいたいもんだ。オシム監督にも問題はあるのかもしれないけど、外から見てる感じでは協会の対応が下手すぎる気がする。

 オシム監督はG大阪と千葉からも選びたい考えを持っているようで協会側はちゃんと説明したのかな?って思う。もしくはきっちり要求したのかも気になる。だいたいそのような制約が出てしまう時期に親善試合を組むほうがおかしいと思うけどね。そんな必要もないし。

 はぁ、とりあえず川渕会長やめてくんないかな・・・。
posted by pon at 12:43| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。