2006年05月31日

ドイツ戦

060531.gif

 内容、結果は別にしておもしろかった。特に後半最後あたりのガチンコのノリは見ていて楽しかったわーい(嬉しい顔)

 結果は2対2。2対0から追いつかれたのは本大会のことを考えるとやっぱりいただけない。どちらも後半にセットプレーからやられたけど、前半からセットプレーの守備はかなり不安な感じではあったと思う。FKを多くあたえてしまったのは試合展開を考えるとある程度仕方ない気もする。前半は特に支配されていたし、体格で負けている分ボールにいっても無理な体勢になってファールをとられやすくなるから。

 試合全体としては、これはいつも思うことだけどボールを持っている選手に対して他の選手の距離が遠いと思う。ドイツはプレスをかけられた時に味方が近い距離にいるからダイレクトでポンポンとつないで局面を・開する動きが前半には何回か見られた。そういうことを日本ももう少し意識してプレーしてもいいんじゃないかと思う。状況や戦術によって当然できない時もあるだろうけど、相手に囲まれたときはかなり有効なやり方だと思う。

 あとはフォワードが点を取ったのが良かったわーい(嬉しい顔) 練習していたカウンターも何回か決定的なチャンスも作れたし、良かったんじゃないかな。柳沢も怪我の影響も感じさせなかったし、とりあえず一安心ってとこかな。何もしてないのにイエローカードをもらったのは気の毒だったけど(^^; あとは安易なパスミスを減らしてほしい。プレッシャーが無いところでのサイドに展開するパスはやっぱりノーミスでやってほしい。そのサイドへのパスが通ればためが作れて落ち着けるってところでパスが長すぎてサイドラインを割って相手ボールになることもあったから。押し込まれている状況では特に大事になってくることだと思うから、大事にやってなって感じかな。

 途中から4−4−2にして小野とか稲本を出すのかなと思ってたけど結局出さなかったな。試合展開的には稲本を入れて守備のバランスをとりにいくかと思ったんだけど・・・。オーストラリア戦の先発メンバーはもう決めてるみたいだから、そのメンバーを重視したのかな?それでも試合状況での采配もシュミレーションしとくのも大事だと思うんだけどね。

 あとは修正できるとこはして、マルタ戦ではずみをつけてほしい
posted by pon at 23:15| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

もうすぐドイツ戦

 ワールドカップ前のテストマッチのドイツ戦が今日の夜中というか朝方に迫った。マルタ戦は勢いをつけるための試合というのを考えるとドイツ戦がテストマッチ最終戦だと思ったほうがいい。結果は大差で負けなければそんなに気にする必要もないかな。それよりも内容の方が大事だと思う。

 そのドイツ戦を前に攻撃陣と守備陣がもめたというか、意見が対立したみたい。で、ミーティングをしても結局答えは出なかったから不安視している報道が目立つね。ジーコはなんにも言わないみたいだし。今日のドイツ戦を戦ってその後決めたら?って感じなんだけどな、俺的には(^^;

 あとは対戦相手によって守備の仕方というのはある程度変わってくるから、そんなに気にしすぎてもなっていうのもある。今回もめてるのは基本的な守備のスタンスのところだろうと思うから、大事なことかもしれないけどね。それでもやっぱり試合中の状況によって守り方は絶対変えなければいけなくなるからその時にチーム全体として意思統一できるか?のほうが大事なんじゃないの?それができたらこんな問題は起こらないだろうけどね(^^;

とにかく、応援してるほうとしては不安を消してくれるような戦いを見せてほしいわーい(嬉しい顔)
posted by pon at 12:42| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

ネタが・・・

 サッカーに関するネタがないからフットサルのことでも書こうと思ったけどフットサルも来月の10日までないからこれも書くことが無いもうやだ〜(悲しい顔)
次のフットサルは仲間うちのチームが集まってのぷち大会だから、ちょっと面白そう(^^) とりあえずそれを楽しみに過ごそうかな(^^;
posted by pon at 12:43| Comment(0) | フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

日本代表 ドイツに到着!

 日本代表がキャンプ地のボンに到着した。ワールドカップ出場国の中でドイツ入りが4番目らしい。どうでもいいけど(^^;

日本代表がドイツに着いたけど気分はまだワールドカップモードにならないなぁ・・・。毎日ニュースでも日本代表情報が流れてるのにどうもそんな気分にならない。やっぱりワールドカップが始まる3日前くらいにならないとそういう気分にならないかも。

 ワールドカップの出場国がほぼ毎日どっかが調整試合をしてるけど、怪我人もちらほらでてきてるのが気になる。重症の選手はほとんどいないみたいだけど、怪我人が出てワールドカップが興ざめ なんてことにならないようにしてほしい。したくて怪我する選手はいないだろうけどな(^^;
posted by pon at 12:54| Comment(0) | ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

移籍

 ワールドカップの開幕が近づいてきて、当然話題もそっちにいってるけどワールドカップに行かない選手達の移籍が続いてるなぁ。ミランのルイコスタはベンフィカに、アーセナルのピレスはビジャレアルに行くことになった。ルイコスタもピレスももう30代だから、今回の移籍が多分最後になるだろうな(ピレスはもう1回位は移籍するかも)。

 上の2人だけじゃなくてどんどん移籍が決まっていってるみたいだから、来季のシーズンが始まる頃にはまた誰がどのチームに行ったか分からなくなって、チームのメンバーも大幅に入れ替わるとこも出てきて新しいチームを見るような感覚になるんだろう。それも欧州サッカーの楽しみでもあるんだけど。
posted by pon at 12:34| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

シェフチェンコ ミラン退団発表へ

 シェフチェンコがミランを退団することがほぼ決まったみたい。移籍先はチェルシーでほぼ間違いないだろう。これが実現したらチェルシーはまた格段に強くなるなぁ。そしてミランは弱くなる。それにミランはディフェンス陣がかなり高齢化してきているのでそれも問題だな。シェフチェンコの穴はそう埋められるものじゃないし、後釜としてミランが狙ってるのはエトーもしくはドログバ。両選手とも得点は期待できるけど、シェフチェンコの後釜としての周囲の目があるからすごいプレッシャーだろう。まぁどっちもまだミランに入団するかわからないけど・・・。

 どちらにしろミランはいらんな部分で弱体化が進んでいるのは間違いないからなんとかする必要はあるだろう。ユベントスがセリエAから降格するかもしれないからなおさらミランには頑張ってほしい。やっぱりどのリーグも強いチームは必要だからね。
posted by pon at 20:05| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

ロシツキー、アーセナル移籍決定か?

 ドルトムントのチェコ代表MFのロシツキーがアーセナナルに移籍するかもしれない。ロシツキーは昔から好きな選手なんだよなぁ。まだ多分25歳前後だったと思うけど。数年前から毎年移籍するんじゃないかって言われて結局いつも残留していたから今回は信憑性があると思ってる。アーセナルでアンリとコンビを組むところをぜひ見たいなわーい(嬉しい顔) スカパー入ってないから見れないけどもうやだ〜(悲しい顔)
posted by pon at 12:49| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

日本代表合宿

 イレブンから”ヒデ改善要求”噴出(URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060522-00000008-dal-spo)

 日本代表の合宿が本格的な戦術練習にはいったみたい。次の練習試合では3バックを試すみたいだね。本番も3バックが主流になるのかな?

 戦術練習の中でボランチに入った中田英に他のメンバーからいろいろと要求が出たみたいで良い方向に向かってるって記事が多いなぁ。今までそんな要求や話しをできるのが宮本と福西くらいだったみたいだから、そう思うのは当然だけど。

 自分もこのことは良いことやと思うけど、少し気になるのが中田英が今回のワールドカップの抱負を語ってる映像をテレビで見たときに「自分が楽しむ」って言ってからこういうことが続くとモチベーションが下がらないかな?と思ったりもする。プロなんだからそんなことは無いだろうとは思うけど、中田英もわがままそうやしなぁ(^^;

 中田英がだめなら小野が入ればいいのでそんな気にすることはないだろうけどねわーい(嬉しい顔)
posted by pon at 12:37| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

アンリ、アーセナルとの契約延長

 移籍するであろうと言われていたアンリがアーセナルとの契約を4年間延長した。チャンピオンズリーグで準優勝したことでチームの可能性を感じたからみたい。今のアーセナルは若手中心でこれからのチームだから、アンリの存在は大きいと思う。アンリは今季もプレミアリーグで得点王になった。この数年間は得点王も何回かとってるし、とれなくてもランキング上位に必ずいる。そういうふうにコンスタントに得点を取ってくれるフォワードがいるのは心強いし、若いチームというのは好不調の波が大きくなりやすいのでアンリの存在は本当に大きいと思う。ベンゲル監督は胸をなでおろしただろうな。

 残念ながら来季のチャンピオンズリーグにアーセナルは出場できないけど、来季はゆとりのある日程でじっくりチームを熟成させてきっちりチャンピオンズリーグ出場権を獲得してほしい。そうなれば今度チャンピオンズリーグで見るアーセナルはメンバーはそんなに変わっていなくても違うチームのようなサッカーを見せてくれるかもしれない。
posted by pon at 11:26| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

セルティック 来季CL出場権獲得

 おめでとう!俊輔が所属するセルティックが来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得したね。出場権をすでに獲得していたバルセロナが優勝し、来季は前回覇者として参加する事になったから繰上げになったもの。バルセロナさまさまやねわーい(嬉しい顔)

 もともとセルティックには出場権はあったけど、予備戦からの出場権だった。今季もその予備戦で負けてしまって俊輔は出場することができなかったんやもんな。これで俊輔は移籍に関してまた迷うことになるんだろうか?移籍候補のセビージャはもう少しのところでチャンピオンズリーグ出場権を逃してUEFA杯に回ることになったからなぁ。セルティックに残ればレギュラーとしてチャンピオンズリーグに出場できるのは確実だし、セビージャならUEFA杯出場はできるけどレギュラーが決まってるわけじゃない。しかもワールドカップ後なので来季への準備期間がいつもより少ない状況を考えるとセルティック残留かな。

 まぁ、どっちにしろ俊輔の決めた道を応援するだけだけどね。とりあえずワールドカップを頑張ってほしい。今回のメンツを見ると、俊輔に頼るしかないからね。あとは小野がどれだけコンディションが戻って、中盤での連携がスムーズにいくか。小野はだいぶ戻ってきてるような気がするので期待できるかな。
posted by pon at 12:42| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

ユベントス降格か?

 バルサのチャンピオンズリーグ優勝おめでとうわーい(嬉しい顔) でも、昨日ビデオ撮るの忘れて寝てもうたもうやだ〜(悲しい顔) 朝、新聞のテレビ欄を見てちゃんと確認したのに・・・。

 今はチャンピオンズリーグの決勝とワールドカップについてが話題の9割位を占めるんだろうけど、イタリアではすごい事が起こってるな。

 ユベントスのモッジ元GMがユベントスに有利になるよう審判に圧力をかけていたことが盗聴から判明したからみたい。問題はそれだけじゃなく、選手の移籍やイタリア代表選出に関しても疑惑が広がっていること。まだまだ疑惑は広がっていきそうで、イタリアはワールドカップどころじゃないんじゃないかと思えてくる。

 その結果、ユーベには処分が下されることはほぼ確実でスクデットの剥奪と2部リーグへの降格が噂されている。俺はユーベが昔から嫌いだったから、降格してもあんまり気にならないし、むしろ当然だと思ってる。でも全く関係のない選手がそのあおりを食らうのはかわいそうだとも思う。

 まだまだこのスキャンダルは広がっていきそうなので、とりあえずワールドカップを楽しんで、その後どうなっているかだな。選手の移籍が例年以上に活発になりそうだね。
posted by pon at 12:47| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

バラック、チェルシーと3年契約

 ドイツ代表のバラックがイングランドのチェルシーと契約を結んだ。最近はチェルシーで決まりという報道が多かったのでやっぱりかという感じ。これでチェルシーはまた戦力を上げたな。バラックはバイエルンのホーム最終戦ですんごいブーイングを浴びたみたい。やっぱりスター選手っていうのは移籍するときには、すごく応援されるか、今回みたいにすごく嫌われるかどっちかなんかな。

 それにしてもバラックがチェルシーでプレーするのってなんか違和感があるね。青のユニフォームを着てるのがイメージできない感じ。まぁ念願のチャンピオンズリーグ優勝を果たせるように頑張ってって感じかな。でもチェルシーにはチャンピオンズリーグに優勝してほしくないねんな(^^;
posted by pon at 12:47| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

ドイツワールドカップ日本代表発表!

 日本代表のワールドカップメンバーが発表された。以下メンバー

GK
川口能活(ジュビロ磐田)
楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)
土肥洋一(FC東京)
DF
宮本恒靖(ガンバ大阪)
加地亮(ガンバ大阪)
三都主アレサンドロ(浦和レッズ)
中澤佑二(横浜F・マリノス)
田中誠(ジュビロ磐田)
坪井慶介(浦和レッズ)
駒野友一(サンフレッチェ広島)
中田浩二(FCバーゼル)
MF
中田英寿(ボルトン)
中村俊輔(セルティック)
稲本潤一(ウェスト・ブロムウィッチ)
小野伸二(浦和レッズ)
遠藤保仁(ガンバ大阪)
福西崇史(ジュビロ磐田)
小笠原満男(鹿島アントラーズ)
FW
高原直泰(ハンブルガーSV)
柳沢敦(鹿島アントラーズ)
玉田圭司(名古屋グランパスエイト)
大黒将志(グルノーブル)
巻誠一郎(ジェフ千葉)

 今回のメンバー発表で思ったことは、やっぱり鹿島びいきかってこと。なんで柳沢が選ばれてんの?ルーニーとかみたいに特別な選手じゃないやろ。怪我してんのに選んでも仕方ないとおもうけど。中田浩二も選ばれてるのが不思議っていえば不思議。最近代表にも全然呼ばれてなかったのに。ジーコがバーゼルでの環境に慣れるのを最優先したからみたいだけど、それでもなんか納得できないところはある。でもまだ無理やり納得することはできるかも。村井が怪我をしてしまったから三都主のバックアップとして招集したと考えられるから(真実はどうあれ)。
玉田も何でかようわからんけど、ジーコの説明だと3トップにした時に2列目から飛び出す動きが活きるからだそうだ。でも日本代表って3トップしたことあったっけ?1トップを試したのは覚えてるけど。

 今回は実績を元に決めるって言ってたからアジアカップで貢献した玉田が選ばれたということなんかな。でもJリーグで1点しか決めてない選手を選ぶっていうのはどうなんかな。まぁキリンカップを見てるとシュートは相変わらず外してるけど動きにキレはあるから、チャンスメイクという点では玉田のスピードは活きてくるだろうけどね。特にオーストラリアとクロアチアは大型のDFが多いから。そういう所も当然考慮しての選出だと思いたい。

 とにかく1番頭にきてるのは松井を選ばなかったこと。外した理由は中盤に同じような能力を持った選手が多かったからだそうだ。どこに?どこにいるの?今回選ばれた中盤の選手でドリブルで突っかけていく選手がどこにいる?サイドできっちりと働ける選手がどこにいる?いるのはパサーで中央を好む選手ばっかりやん。結局ここで柳沢を選出したツケが回ってきてるってことなんじゃないの?もしそうやったらアホらしいで。松井は今俊輔と同じくらいかもしかしたらそれ以上に充実してる選手だと思う。チームではレギュラーで今シーズンのフランスリーグでアシストランキング3位という実績も残してる。
 代表でも短い時間の中で得点もした。ハンブルガーで試合にも出してもらえずシーズン通して結局1点しか取れなかった高原よりも全然期待できると思うけど。

 なんか文句ばっかりやけど、結局ジーコの鹿島びいきとフォワードの頼りない現状が駄目だということで。はぁ〜、なんかワールドカップにへの期待が薄れていきそうで怖い。やっぱり俊輔にお願いするしかないかな。
posted by pon at 21:14| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

日本、スコットランドと引き分ける

 引き分け。国内最後の壮行試合がほぼ最悪の内容で終わった。相変わらずシュートは入らない、サイド攻撃はできない、と悪い点ばかり目立った試合になった。

 今日はスコットランドが特に前半は引いてきたので、中盤ではボールが楽に回せていた。後半はスコットランドも中盤でプレスをかけだしたのでそういうわけにもいかなくなったが問題なのは最後の崩しができないこと。これは海外組がいても挙がってくる課題。それはサイドからの崩しができないという共通点があるからだと思う。相手は引いてきてるんだから中央のスペースはほぼ消されていることが多い。いくら背が高くてフィジカルの強いトップがいてもあれだけ引かれたら十分に仕事ができない。残念ながら日本にはそんなトップがいないわけだからなおさらサイドからの崩しが重要になってくる。そのサイドからの崩しで有効なのはドリブル突破やワンツーからの抜け出し。今日はワンツーで抜け出そうとする場面は何回かあったけど、パススピードも遅く全部カットされた。相手を後手に回すことができなかったな。

 そして、ドリブル。加地は相変わらず仕掛けていかないし、仕掛けても抜けきれずクロスは苦し紛れでそれからは仕掛けもしなくなった。もっと勝負していけよ。今日何回かした集中力の欠いた横パスをカットされるよりましなんだから。

 それから三都主。加地と違ってドリブル突破やクロスとか攻撃面を期待されてるんだよな、一応ジーコからだけは。それなのに相変わらず日本より格上か同等のレベルの相手になると全然突破できないな。またあほなイエローもらってるし。なにしてんの?って感じだ。三都主が上がって空いたスペースを小笠原がフォローしてる姿を見てると悲しくなったわ。そもそもなんで代表に選ばれてるかがわからない。松井がいてくれたらと何回思ったか。ジーコ、頼むから松井を選んでくれよ。わけのわからん貢献度なんかどうでもいいから。

 小野はコンディションが戻ってきつつある印象を受けた。本人的にはまだまだなんだろうけど、前半の惜しいシュートシーンはシュートまでは完璧だったなぁ。シュートがキーパーの正面にいってしまったからはじかれてしまったけど。でもあっこは決めないと駄目だろ。あれが決まっていれば全然違う展開になったはずなんだから。

 と文句ばっかりできてしまう内容だったわけで、ジーコ監督の采配も疑問が残ったしワールドカップが心配にもなるけど今更どうにかなる問題でもないから開き直るしかないな(^^; あとは中澤が重症じゃないことを願うのみ。
posted by pon at 22:43| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

スコットランド、ブルガリアに大勝

 キリンカップ最終戦で日本が対戦するスコットランドがブルガリアに5-1で大勝した。これは意外な結果だった。でもちょっとうれしい。なんでかというと、中村俊輔がプレーするスコットランドのレベルが決して低いわけじゃないということが少し証明されたような気がするからグッド(上向き矢印) まぁ、ブルガリアは1.5軍だし、親善試合みたいなものだからあんまり参考にはならないとも言えるけど(^^;

そのブルガリアに負けた日本がスコットランドと対戦するわけだけど、スコットランドがまぁまぁ強いというのが分かって良かった。この時期に弱い相手とやって勢いをつけても仕方がない。その役割はマルタ戦になるはずだし。とにかく今は強い相手との試合感覚を養った方が良いと思う。そういう意味では、理想的な相手ではないけれども決して無駄になる試合にもならないことが分かったから、後は日本がどれだけやってくれるかたのしみだ。当落線上の選手の最後のアピールの場でもあるからそれも試合を盛り上げてくれるはずだし。
posted by pon at 12:54| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

セビリア UEFA杯優勝!

 スペインのセビリアがUEFA杯で初優勝した。各国のワールドカップメンバーの発表と重なり、注目度が低かったように思える。でもセビリアは中村俊輔の獲得を狙っているチーム。俊輔もセビリアに行くか、セルティックに残留するかのどっちか迷ってるって言ってるみたいだから日本からの注目度は高いだろうな。
 メンバーもルイス・ファビアーノやサビオラやマレスカなど、少し不遇な時を過ごした選手が多い。でも実力があるのは確実だから結構強い印象がある。今挙げた選手達は確かレンタル移籍だったと思うので、今シーズンが終わったらいなくなるかもしれないので俊輔が加入したときのことを想像するのはやめとこう。

 そのセビリアがUEFA杯に優勝し、リーガも最終節の結果次第ではチャンピオンズリーグに出場できるかもしれないらしいから俊輔もかなり悩むだろうね。どっちにしろ他の日本人選手(松井は違うけど)より良い選択になるだろうと思う。

 その前のワールドカップ現在低調な日本を蘇らせてほしいな。
posted by pon at 12:36| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

日本対ブルガリア

 日本対ブルガリアの試合が終わった。結果は1対2で負けてしまった。見てたけど日本もスタメンはレッズとアントラーズの選手は日曜に試合があったから休養ってことで国内組の補欠って感じだったから、アピールしようって気持ちが前面に出ててちょっと面白かった。でも村井の怪我はかなり残念だったし、すごく痛々しかった。レギュラーとしては厳しかったかもしれないけど、ワールドカップのメンバーには入れたと思うし。今回の怪我の具合はまだわからないけど、軽いものだったらいいのにと思う。

 全体的にはやっぱりシュートが入らないって感じだった。玉田はシュートに行くまではキレもよくて好調なんだと思ったけど、シュートがことごとく外れてた。枠に行ってもポストやキーパーの正面だったりでついてなかったな。

 あとはやっぱり相手に引かれたときの攻め手が乏しい。もう少しドリブルで突っかけていって止められてもそのこぼれ玉を拾って2次攻撃に持っていくというようなことをしてほしかった。

 あとはスコットランド戦で国内組が最後のアピールをするのを見て海外組が合流するのを待とうかな。
posted by pon at 22:35| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

欧州リーグ終盤

 ワールドカップまであと1ヶ月ちょっととなった今、欧州各国のリーグ戦が終盤を迎えている。もう終了したリーグもあり、優勝チームもかなり決まっている。その中でイタリア・セリエAはユベントスとミランがスクデットを最終節まで争うことになったね。正直今のセリエAには魅力を感じないんだけど(セリエAファンの人ごめんなさいm(__)m)、ユベントスとミランの争いは面白いね。個人的にはスクデットはミランにとってもらいたい。理由は単純にユベントスよりミランの方が好きなだけだけど(^^;

 リーガエスパニョーラはバルセロナの優勝が決まったけど、昨日(?)はやっぱりレアルのジダンがホーム最終戦でゴールを決めたことがうれしい。というかやっぱりスター選手と言われる選手は最後もしっかり結果を残すんだなぁと改めて感心させられた。あとはワールドカップで最後の戦いを楽しんでほしいな。
posted by pon at 12:35| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

5月6日フットサル

 ゴールデンウィークということでちょっとサボっていたから今日はひさびさ書いています。今年のゴールデンウィークは特に遠出はしなくで結構のんびりしていたわーい(嬉しい顔)
 そして昨日は曇り空の下でフットサルだった。この間の大会で怪我をしてしまったからちょっと心配だったけど思ったより痛みは無かったんだけど、相変わらず体力ないな〜もうやだ〜(悲しい顔) 昨日は大会ではなくって素人の友だちのチームで2時間フットサルのコートを借りて10分ずつくらいのゲームをしたんだけど、やっぱり今は和気あいあいとボールを蹴るのは楽しい!! でもおかしな感じでやってるうちに負けたくなくなってかなり必死にプレーしてしまった。おかげで怪我が悪化しちゃったみたいふらふら ほっとけば治ると思っていたけど、これはもう病院に行かないと治らないかも。早速来週行ってこようっと。
posted by pon at 12:03| Comment(0) | フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

平山、筑波大学退学

 オランダリーグ ヘラクレスに所属する平山が休学中の筑波大学を退学した。これからプロ一本で勝負していくみたい。たしか平山は国見高校を卒業するときにJリーグのいくつものチームからオファーがあったと思うけど、サッカー以外の道も考えて大学に進学したんだと思う。そして大学を休学してヘラクレスに入団して1年間プレーしたんだけど、この1年間でかなりサッカーに対する意識が変わったんだろうな。

他人が見れば「それだったら最初(高校卒業時)からプロになればよかったんじゃないか」となるかもしれないけど、俺はそんな風には思わなかったなぁ。それだけ自分の人生に対して真剣なんだと思った。そうやって真剣に考えて、いろいろ迷って自分で出して結論なんだから決して無駄じゃなかったと思う。人の意見に流されすぎるより全然本人の為になったと思うしね。

 今回はプロ一本でやっていくと結論をだしたから、また来季から頑張ってほしいな。今年のワールドカップはたぶん出場できないだろうけど、ワールドカップ後は日本代表の監督も変わるのは決定的だし、そうなったらコンスタントに召集されるかもしれない。ぜひ、レギュラーに定着して日本代表に今までなかった攻撃を創り出してほしい! がんばれ!!
posted by pon at 12:43| Comment(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。