2007年09月12日

U−22日本代表、カタールに勝利

 北京五輪最終予選の対カタールのホーム戦。試合開始すぐにセットプレーから取った1点を守りきってぎりぎり勝利。

 今回もフォワードは平山ではなく森島が先発。森島は体も強いし、強引にでもキープしてくれるし気持ちが前面に出てて周りを引っ張るようなところがある。ただ今日も判定に抗議したとしてイエローをもらったように悪い方に流れると心配になる場面もけっこうある。ボールのないところでも結構やりあってるしね。個人的には好きだけど。

 課題は決定力。サウジ戦も今日も決定的なところを外してしまったのが試合がもつれてしまった原因でもある。これは他の選手もそうで、特に前半はあと2点位取れるチャンスは十分あった。それを1つも得点にできなかったのが後半退場者が出てしまった後にホームにも関わらず押し込まれてあわや同点というところまでもつれてしまったと思う。

 今日の試合は最終予選の試合の中では1番良い内容だったという人も多いだろうね。後半は別にしても前半はそう思わせる内容だったようにも見えるけど、なんとなくすっきりしない。

 パスを回していいリズムで攻めていたように見えるけど、テンポに合わせようとしすぎてミスをしてるところが多かったし、テンポに乗ろうとして最後のところでフィニッシュをあせってしまっているように見えた。考えすぎなのかもしれないが。

 良いところはいっぱいあったし、退場者が出たのはいただけないけど審判のジャッジにもちょっと首をかしげるところもあったのでそこを責めるよりもやはり決定力の問題になるだろうと思う。これはA代表も含めて何年、何十年も前からのことで日本に限られた話しでもない。だから特効薬は無いけどフィニッシュの場面であせらず落ち着いてプレーできるように意識付けることはやっていけることだからそれを地道にやっていくしかないだろうね。

 なんとか勝点3をもぎ取って首位になったけど次のカタールとのアウェー戦で負けてしまっては元も子もないので、まだまだ安心はできない。怪我人もちょっと気になるので約1ヶ月空くのはラッキーかな。

 それにしても柏木の運動量すげぇな・・・。
posted by pon at 21:44| Comment(43) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

オーストリアにPK負け

japanvsaustria2007.gif

日本が参加している3大陸トーナメント初戦はオーストリアと対戦して、PK負け。今大会は引き分けなら即PKで勝った方が勝点2、負けた方は勝点1という変則的なレギュレーション。

松井が初召集されたことで期待していたんだけど、出場時間が約20分で短かったのが凄く残念。松井も俊輔同様ボールを一杯触ってリズムを作っていく選手だと思うので、この出場時間ではなかなか難しかったと思う。まあ、本人も言ってたようにそれでも結果を残さないといけないんだろうけど。それでもドリブルで仕掛けていくプレーは他の選手にはないものだし、アジアカップ同様単調なパス回しが多かった日本にとっては唯一変化をつけれる選手なので今大会だけでなく、使っていって欲しいと思う。

今回は試合の結果自体は意味を持たないので内容が重要だった。トータル的に見れば、日本が終始イニシアティブを取っていたと言ってもいいだろうと思う。相変わらず最後のところで行き詰るので印象的には圧倒した感が少ないけど。

アジアカップとの比較としては稲本が入ったことで中盤でのボール奪取率が上がったこと、闘莉王が復帰してディフェンスラインに高さが戻ったことくらいかな。松井の加入での変化はまだ判断するには早い。あとマイナスとしては高原の離脱でフォワードの質が下がったこと。

高原がいないおかげで他のフォワードにはチャンスが回ってきたわけだけど、アピールは全然ならなかったと思う。矢野はディフェンス面では頑張っていたけどボールが収まる機会が少なすぎた。これは出し手との問題もあるだろうけど、もう少しどっしりと中央に構えていても良かったと思う。そこでポストプレーをしてキープと展開を中盤ではなく前線でできるようになれば課題であるペナルティーエリアでの最後のひと工夫がしやすくなる。

田中は1本、シュートをポストに当てた以外は特に目立ったものはなかった。ドリブルで仕掛ける場面は何回かあってシュートまでつなげることもあったけど、回数が少ない。相手がしっかりと引いて守ったこともあってスペースが無い分、もらいづらいというのもあったかもしれないが、基本的にドリブルはスペースの無いところで優位に立つために使うべき1つの手段だと思っているのでもっとボールに触ることを積極的にやって欲しかった。スペースの無いところでドリブルで仕掛けたらファールももらいやすいし。

あとは毎回思ってることだけど、サイドバック。クロスは下手だし、上がってボールをもらってもドリブルで仕掛けるわけでもなく、クロスを上げるでもなく後ろや横にパスを出すだけ。たまにクロスを上げたと思ったら精度は低いし。取られてもいいからもっと仕掛けていってほしい。これは周りの選手も無関係ではない。サイドバックが自分の所でボールを失うのが怖いのはある意味当然。相手にボールを取られた時に自分が上がって出来たスペースを付かれるのがやっぱり怖いから。

だから周りがしっかりサポートして安心して仕掛けられるように持って行かないといけない。攻めてるときに守りのことばかり考えてもいけないのでバランスを取ることが必要だけど。時間帯によっては畳み掛けることも必要なので、あえてバランスを崩すこともありだろうけど。

今回は中盤がアジアカップよりシュートを打ったのがほんの少しの改善点かな。ディフェンスはあんまり出番が無かったからなんとも言えない。

次はオーストリアよりもレベルが高いスイス。最近のスイスは格段にレベルが上がってきてるし、良いサッカーをするので楽しみ。松井をスタメンで使ってみてほしいな。
posted by pon at 11:55| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

追加メンバー発表

オーストリア遠征の日本代表の発表延期になっていたメンバーが発表。メンバーは以下。

MF:
山瀬功治(横浜FM)
FW:
巻誠一郎(千葉)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)
矢野貴章(新潟)

高原は一応怪我から復帰したけど万全ではないため、今回は召集されず。国内メンバーだけになったけど巻が復帰。

カメルーン戦から田中が引き続き選ばれたけど、大久保と前田は選ばれず。前田は選ばれるかなと思ってたんだけどな。ちょっと残念。

改めて見ても日本のFW陣はぱっとしない。まだまだ高原頼みの印象。その高原は今回外れてるのでアピールのチャンスではあるから意地を見せて欲しい。
posted by pon at 11:41| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

松井が初召集!

オーストリア遠征のメンバー(FW以外)が発表。メンバーは以下。

GK
川口能活(磐田)
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)

DF
中澤佑二(横浜FM)
坪井慶介(浦和)
加地亮(G大阪)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(広島)

MF
中村俊輔(セルティック/スコットランド)
松井大輔(ルマン/フランス)
稲本潤一(フランクフルト/ドイツ)
遠藤保仁(G大阪)
橋本英郎(G大阪)
中村憲剛(川崎)
鈴木啓太(浦和)
阿部勇樹(浦和)
今野泰幸(FC東京)
山岸智(千葉)
羽生直剛(千葉)

やっぱり注目は松井。オシム監督が就任した時には名指しで評価されてたのに全然呼ばれなかったのがついに呼ばれた。松井の招集を待ち望んでいた人は多いと思う。俺の周りの友達もみんな松井を見たいと言ってたし。やっと見れるのは嬉しいけど、アピールできなければまた呼ばれなくなるんだろうな。なんか複雑。

あとは欧州組からは俊輔と稲本が召集。稲本はフランクフルトに移籍したばかりだったことからアジアカップは召集されなかったけど、今回は無事呼ばれた。高原は怪我してるから今回は呼ばれないだろうね。

注目はフォワードに誰が呼ばれるか。国内組だけになるだろうから、この間のカメルーン戦のメンバーに巻が入るかどうかくらいかな。最近フォワードはぎりぎりまで発表されないことから見ても、オシム監督の悩みの種なんだろう。仕方ないけどね。

森本が怪我から復帰してレギュラーに定着するかもしれないから、将来楽しみ。レギュラーに定着すれば1年後くらいに代表に呼んでら面白い存在になるかもしれない。今はウイングをやってるようなので代表でも十分使えると思う。レギュラーをカターニアで取ったらの話しだけど。
posted by pon at 14:57| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

U-22ボツワナに敗れて3位

 中国で開催されているプレ北京五輪の4カ国トーナメントの最終戦はボツワナと対戦して0−1の負け。

 これで日本は1勝1分1敗で3位で大会終了。今大会は運営的にかなり問題があったので仕方ない部分も多々あるけど、それは中国戦の話し。他の2カ国とはほぼ同条件での試合なのでそこを1勝1敗の五分の結果というのはまずまず。

 ただ、FW陣の得点が1点もなかったのは問題にしてもいい。各試合とも先発メンバーが固定されず全員にチャンスを与えられたので各自アピールする機会はあった。まぁ、出場時間の差はあるだろうけど。

 その中で誰も結果でアピールできなかったのはちょっとねぇ。もちろん得点だけがFWの評価ではないけど、5、6人いるFWが得点以外のアピールしかできないんじゃチームとして成り立たない。全員がシュートを1本も放ってないわけじゃないんだし。

 FW以外ではレギュラーも抜け、新しいメンバーがいたりする中でそれなりに機能し、失点も少なかったのは評価していいんじゃないかな。最終予選ももうすぐ始まるということが心配にはさせるけど・・・。
posted by pon at 12:41| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

U-22中国と0−0

 4カ国トーナメント(中国)に参加しているU-22日本代表が中国と対戦。結果は0−0のドロー。

 この試合は審判まで中国人というなんともお粗末なレギュレーション。北京五輪のことを考えるとこんなことをするところで国際大会を開いていいのかと思う。

 ただ、親善試合ということで日本にとっては審判まで敵に回した完全アウェーで戦えることはメリットとポジティブに捉えたいね。公式戦ならこんな風には思えないけど。

 試合はテレビでやってなかったので、どんな感じかはわからないけど結構押されてたみたい。0−0で終えたことは評価できるんじゃないかと思う。特に今回は連れて行っている選手全員に出場機会を与えているようだし主力が数人か離脱中、プラスU−20から昇格した6人の選手も加わったばかり、というふうに強化・新戦力テストなど試験的な要素が多いから。

 また、残念なのが日本人サポーター9名程に中国人サポーターが紙コップを投げつけて罵声を浴びせたこと。どうやら日本国旗を掲げて応援していたから目立ったんだろう。非常に残念だし、日本のサポーターの人は怖い思いをしたね。トラウマにならなければいいけど。
できれば日本協会がこの9名になにかしてあげて欲しいけど。

 アジアカップが中国で行われたときも凄かったけど、反日感情がまだ高いのかな。
でもスポーツと政治・歴史は関係ないと思うし、こういうことはやめて欲しい。日本のサポーターが他国のサポーターにこんなことは絶対にしない分、相手にも求めたいところ。ましてやオリンピックを開く国がこんなことをしていては、健全な国際大会であるオリンピックも心配になってくる。
posted by pon at 14:49| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

パトがミランへ1月加入

 ブラジルのインテル・ナシオナルで世界クラブ選手権で優勝したアレッシャンドレ・パトがイタリアのACミランに1月に加入することで合意。

 レアル・マドリー、インテルなどとの競争にミランが勝利した形になる。パトはまだ17歳でミランに加入する1月には18歳になってるらしいけど、若いことには変わりないし才能があるのも世界クラブ選手権を見た人はみんな分かってるんじゃないかな。

 それにしてもミランはブラジル選手獲得に強いね。カカはパトほど、ミランへ移籍したときは有名ではなく活躍しだしたときには安いお買い得な買い物をしたという印象で周りからは捉えられていた。

 結局カカはいまや世界一のプレーヤーをロナウジーニョと争うまでになったんだからすごいよね。さらにすごいのはそういう才能を見つけクラブへちゃんと加入させるミラン。

 パトはまだ若すぎるくらいなので、いきなりミランで活躍できるかはちょっと不透明。ミランとしてはカカくらいまで活躍してくれたらと思ってるだろうけど。そうなるとカカはレアルに行くのかな?
posted by pon at 00:00| Comment(3) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

サンタクルス、エルゲラが移籍

 アジアカップを見ていたので、欧州の移籍情報にうとくなってしまった。移籍情報をまとめたものをアップしたいと思ってるんだけど、時間があるかなぁ。

 とりあえず、ひさびさアンテナでひろったのはレアルのエルゲラがバレンシアへ移籍したのと、バイエルンのサンタクルスがブラックバーンへ移籍したこと。

 あと、レイェスがレンタル先のレアルではなく同じ本拠地のライバルであるアトレティコへ移籍が決まったこと。

 エルゲラは個人的に好きだったんだけど、ちょっと最近は元気がないなという感じだったので移籍したことは良い刺激になるんじゃないかな。アジャラの後を任せられることも決まっているのでレギュラーはほぼ間違いないしメンタル的にも安定しそう。

 サンタクルスは10代の頃にパラグアイからバイエルンへやってきた選手なので、バイエルンで過ごした時間はかなり長い。今季はバイエルンがかなりの補強をしたので誰かは放出されるだろうと思っていて、マカーイがフェイエノールトへ移籍したからサンタクルスはないかなと思ってたんだけど。バイエルンでずっとレギュラーを取れなかったからこれもまた良い再出発になるといいね。

 レイェスがアトレティコへ移籍したのはびっくり。マドリッド・ダービーでブーイングくらうの間違いなしって感じだね。そんなにアーセナルになじめなかったんだ。プレミアに順応しているスペイン人選手もいるんだけど、根本的には曇り空ばかりのイングランドはスペインの人にはなじめないのかな。
posted by pon at 12:43| Comment(1) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

日本、韓国に敗れる

japanvskra_aja2007.gif

 韓国との3位決定戦はPKの末、韓国に敗れて4位。3位までは次回大会のシード権が得られたので痛い敗戦。

 オーストラリア戦同様相手が10人になってからも内容も同じ。また同じことの繰り返しで延長戦。経験をどう活かしてるのか教えて欲しいくらい。何回かチャンス、それもビッグチャンスを作ったのにも関わらず最後で押し込めない。

 いつも思うことは生粋のドリブラーがほしい。こういう展開ではなおさら。相手は10人になってFWを残してあとは引いて守ってカウンターっていうのがパターン。引いてる相手にはサイドからクロスを上げてもその前の崩しがないのではね返されるのがオチ。その崩しのところでワンツーやドリブルで崩すのが1つの手段。個人的にはこの2つは1SET。片方だけだと同じことの繰り返しになってしまう。特に相手は守りに徹しているんだから。

 今の日本ではドリブラーっていうと山岸が当てはまるかもしれないけど、ドリブルで勝負することはほとんどない。代表になるとみんなドリブルで勝負してボールを取られる事を必要以上に怖がる傾向にある気がしてならない。これもメンタル・・・なのかな。
アジアカップのメンバーでは1試合に途中出場しただけだけど、水野がドルブルで勝負していく選手だと思う。水野にしても生粋のドリブラーとはまた違うんだけどね。1人はドリブラーがほしいね。かなり強引でも勝負していくような選手が。全部負けてもマッチアップの相手は確実に消耗するから無駄にはならないし。

 今日もまた序盤から横パスをカットされる場面があった。これはサウジ戦でもあったことだし、自分達で流れを崩すことになるので絶対に直さなきゃいけない。なにより修正できないことではないんだから。

 日本の課題はパスカットからの展開。せっかく良いパスカットをしてもそこからどうしようか迷ってしまう事がよくある。そして結局スローダウンしてしまってチャンスを作り出すこともできない。あくまで自滅。
これも”考えて走る”という中に含まれると思う。考えすぎての結果かもしれないけど、シンプルに行く時はぐっとスピードアップして勝負していいと思う。今大会でボールを大事にしすぎてしまうと相手に引かれて結局横パスを回して崩せない展開にずるずるとなってしまうことがよく分かったんじゃないかな。

 今日は采配についても一言。最後の交代枠使うのが遅すぎる。高原を矢野に代えたわけだけど、高原を残してもよかったんじゃ。どうせサイドを崩せずボールを密集地帯に放り込むしか今の日本には出来ないんだから枚数増やして人海戦術くらいしかないんじゃないかと思う。

 あとは今日の試合に限っては精神面がクローズアップされた感がある。精神面だけで試合が決まるわけではないけど、確かに今日は精神面の強さをもっと見せて欲しいと思わせる試合ではあった。相手が韓国ということもあるけど、こんな展開になったのも誰もが前線でパスばかりの勝負をしないプレーに終始したから。これも精神面をもっと前面に出せば少しは改善したんじゃないかと思ってしまう。それくらい日本はオーストラリア戦の課題を受け流したようなプレーしかしていない。

 PK戦に入った時点で韓国の勝ちみたいなもん。だからPKで韓国が勝ったことはある意味当然。相手が10人になっても攻めきれず延長でも点も取れずPKまでもっていかれたことが問題。しかもオーストラリア戦同様に。
選手は形は出来てきているとみんな言うけど、どんな状況でも同じような展開しかできないことが形ができているということではない。状況に応じてチームが連動して相手を崩してしっかりと守るということができることが形ができてるということ。選手が言うのは攻めの形の1パターンが出来てきてるってだけのこと。

 今大会の総括としては、審判にもふれたい。やっぱりアジアの主審のレベルは低すぎる。今日もそうだけど、韓国側としては退場処分は納得してないだろうし、日本側も韓国側も試合中不可解な判定は多かった。大会通してそうだったけど。あとはAFCの大会運営の下手さ。多くのチームが長い移動を強いられたし、この試合前も日本の移動で手配ミスで飛行機の乗り継ぎに問題も出た。もっと協会側もレベルを上げるべきだということがまたも課題になった大会になったね。
posted by pon at 00:32| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

日本は3位決定戦へ

japanvssauji_aja2007.gif

サウジアラビアとの準決勝は2−3で負け。これで日本は韓国との3位決定戦へ進むことになった。

 サウジアラビアは日本のことをよく研究してきている印象を受けた。もともとサウジのサッカーはカウンター狙い。他のカウンター狙いのチームと違うのはプレッシングが早くて、そのエリアが広いということ。センターラインからペナルティエリアの間辺りでかなりプレッシングをかけてくる。そのサッカーがパスをつなぐ日本にとっては苦手とするところであり、嫌な意味ではまってしまったとも言えるけど。

 今日も横パスを狙われて(パスミスも手伝って)カウンターにつなげられることが多かった。前に次の相手はウズベキスタンがいいと言ったのはそのため。ウズベキスタンならここまで早いプレッシャーはなかっただろうし、あったとしても短い特定の時間だけだったろうから。

 それにしても本当に両サイドはドリブルが下手。特に加地は本当にひどい。あっさりと取られすぎ。せっかく良いタイミングで上がってきてもあんな取られ方をしていてはサイド攻撃をする意味がない。早くサイドバックの人材が育つことを願う。

 日本はパスはつなぐけど、ドリブルで仕掛けることがない。これがもうサウジにもわかってるからすぐに足を出してくる。また、日本のMF陣はミドルシュートを狙いたいと言っていたけど全く打たない。いつものことだけど口だけだね。いい加減にしろよ。オーストラリア戦でも相手が10人になりながら勝ちきれなかったのはそういうところもある。特に俊輔は打てるチャンスもあったのにパスを選択して、クリアされる。まだまだ怖い存在にはなれていないね。

 相手の9番は167cmとかなり小柄ながらなんでもできる本当に良いFW。この9番に阿部と中澤が翻弄されて取られた点はがっくりときた。個人技でやられるのは個人的には仕方ないかなと思うところはあるんだけど、時間帯が悪すぎた。同点にした直後だったのでよけいにがっくり。今日はあの9番に学んだことは多かったんじゃないかな。DF陣がというよりはMF・FWが。

 試合展開としては後半開始直後に点を取られたのが最悪。点を取られた後にすぐ追いつくことができるのはとても大きいことなんだけど、それがいつまでも続くことはありえない。日本は特に点を取られたらそれを取り返すためにシンプルに点を取りにいくけど、なんでそれが同点・勝ってるときにできないんだ。それに負けてるのになんでシュートを打たない?昔から日本はそう。オシム監督になってから組織のイメージがより強くなったかもしれないけど、オシム監督はパスも考えながら回して考えて相手を崩すことが大事だと言ってるわけでシュートを打つなと言ってるわけじゃない。それに”考える”ということは試合展開の中で強引でもシュートが必要ならば打つという答えを出すことでもあるんじゃないの。
 オシム監督になって確実にパスで崩す形はできてきている。それはテクニックのある日本選手がよりそれを活かすことができるようにするためのものだけど、試合になれば使えないテクなんていらない。オシム監督が気の毒だね。そういう意味では歴代の日本代表監督はみんなそうだけど。
 日本選手と例えば南米の選手の違いはそう。今日で言えばサウジの9番。彼らは試合でも持ってるテクが使えるパーセンテージが明らかに高い。日本は試合になると持ってるテクのほんのちょっとのパーセンテージしか使えないと思う。これ、早く直したほうがいいよ。

 個人的には今大会で組織やパスでの展開、そして考えて走るということを熟成し、今大会後に個人技での肉付け、アレンジという段階に進めればと思っていた。だけどアジアカップは組織やパスを回すだけでは勝たしてくれなかった。今日の試合を見る限りでは、肉付けする個人技も大した事無いのがわかってしまったけど。

 次は韓国との3位決定戦。モチベーションを日本がどれだけ保てるかを見たい。これでモチベーションが落ちてふがいないプレーをすることだけは許せない。あとオシム監督、まだ辞任しないでくださいね。
posted by pon at 00:42| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。